一般的に、銀行の窓口の営業時間は9時から15時となっており、土曜・日曜・祝日は営業時間外です。もちろんATMコーナーを利用することは可能ですが、キャッシュカードを持っていない場合にお金が必要になった場合は、窓口で手続きをしなくてはなりません。

しかし、土曜・日曜・祝日や夜間に、急にお金が必要になることだってありますよね。

そんなときに便利なのが、消費者金融での即日融資です。なぜなら即日融資を申し込み、審査が完了し必要手続きを済ませれば、平日の夜間や土曜・日曜・祝日であっても、お金を用意することができるからです。

銀行窓口が営業時間外の場合、とりいそぎ消費者金融の即日融資を利用し、すぐに返済するという使い方もできます。賢く便利に使って行きたいものですね!

銀行カードローンでお金を借入する時には専業主婦の方は基本的に、配偶者の同意書(旦那の同意書)が必要となってきます。

同意書がないと基本的に狩り理恵が出来ないとなると、夫にはお金を借入することがばれてしまうというわけです。

ですが、中には夫の同意書なしでOKの銀行カードローンで申し込めるところもあります。

具体的な名前を取りあげますと、三菱東京UFJ銀行と楽天銀行は夫の同意書なしでキャッシングが出来るところです。

口座も開設しなくてもいいので、余計な情報を持っていないように借入が出来ますから

より夫にはばれにくいというわけです。

こういった方法によって専業主婦は内緒で借入を行うことが出来るようになっています。

生活を送る上で何かと現金が必要になることは多くあります。キャッシュレス社会の促進に伴いクレジットカードを利用できることが多くなっているものの、未だに現金清算が主流です。特に地方に行くほど現金である必要があり、旅行先や帰省先、そして出張先で現金が不足すると困ってしまいます。

ですが、大手消費者金融ならこのような場合でも当日中に借り入れができ、居住地域でなければ利用できないという制限がありません。スマートフォンからWeb完結で手続きを行い、近くにある無人契約機からローンカードを受け取れば振り込み融資に対応していない銀行口座でも安心できます。

大手消費者金融のメリットは、日本国内であればどこからでも契約が可能という点です。利用限度額の希望に注意すれば、運転免許証だけで契約できるのもメリットの一つであり、出先では便利です。

キャッシングをするときって、本当に今すぐにでもお金が必要でギリギリに切羽詰まった時だと思うんです。

そんなとき、今はインターネットでも申し込むことができますがそれでカードが郵送されるまでに二週間?かかったり、郵送の審査などではそれ以上かかってしまいます。

例えば、インターネットでの申し込みであっても『即日融資可能』と宣伝している金融会社は、その日に全額ではなくても借入可能額の中からその日に自分の口座に振り込んでくれるサービスです。

自動契約機だとさらに話は早くなり、その場でカード発行と借入ができるようになっています。

ですが、人目も気になるでしょうし自動契約機まで行ってる時間が無い方でしたら、申し込むのだけはインターネットで申し込み、電話できる時間帯を指定すればちょっとの時間で済みますし審査が通ればその日に口座に振り込んでもらえるのであとは銀行でおろすだけ。

ただし、申込む時間によっては銀行が閉まってしまうためその日に届かない場合があるので注意してください。

低金利のカードローンは銀行カードローンというイメージがありますが、実は信販会社が提供するカードローンも意外と低金利で穴場とも言えます。ちなみに信販会社とはいわゆるクレジットカード会社のことで、例えばJCBカードでお馴染みのJCBが提供する「JCBカードローンフェイス」が低金利でオススメです。

ちなみに基本スペックは融資限度額が50万円~500万円(但し50万円以下となる場合もあり)、金利は年4.4~12.5%です。上限金利が一般的な銀行カードローンよりも2%程低い代わりに、20歳以上58歳の正社員の方しか申し込めません。なお1回払いで返済したら、金利は年5%となります。

なお審査回答は最短即日でもらえますが、カードが届くまでには最短3営業日かかります。実際はもう少しかかる可能性が高いので、借入まで1週間ほどかかっても構わない方にオススメのカードローンとなります。

消費者金融のキャッシングは誰でもお金を借りられるというイメージがありますが、実際にはそうではありません。消費者金融のキャッシングは総量規制の対象となっているため自分の収入がない無職の人は申し込みをすることができないからです。

総量規制では消費者金融等の貸金業者は消費者に対して融資できる金額は年収の三分の一までとなっているので、自分の収入がない人はキャッシングやクレジットカード等のサービスを利用することができないのです。ただし、銀行のカードローンは違います。銀行のカードローンは総量規制対象外となっているので、自分の収入がない人でも審査の結果次第ではありますがお金を借りることはできるようになっているのです。

アイフルでは使いみちが自由なカードローンに加えて、自動車の購入費用等をお得に借りたい人向けのカーライフローンというローンサービスの取り扱いもあります。アイフルのカーライフローンの情報について確認していきましょう。

まず金利と利用限度額についてですが、2017年12月13日時点で、実質年率が13.0%から17.0%、利用限度額が最高で100万円までとなっています。カードローンよりも実質年率の上限が低く設定されているのであらゆる人がお得に資金調達ができるようになっています。

なおカーライフローンを利用して借りたお金については、自動車の購入費用をはじめ、車検費用や自動車の修理費用、自動車用品の購入費用などに使うことができます。