総量規制、という年収の3分の1以上貸し付けてはいけませんよ、という法律があります。

よく「ご利用は計画的に」という文言をCMや広告などで見る機会があると思いますが、返済能力を上回った借り入れをするとどうなってしまうでしょうか。

もちろん返済が出来ずに、借り入れをした人は最悪自己破産することになるかもしれません。

返すあてがあるのであれば、もちろん借金することは悪いことではありません。

金融会社は自己破産をされることにより、もちろん借金の返済を受けられなくなる、というデメリットはありますが、それ以上に利用者を守るために総量規制は存在するのです。自己破産をしてしまうと、申し込み者は様々な制約を受けることになり、その後の生活が大きく左右されてしまうといっても過言ではないでしょう。

また、新しくカードローンやキャッシングの契約をしたり、住宅ローン等を組んだりすることが出来なくなります。

確かに生きていくうえで大金が必要になるときはあるでしょう。一方でに大金を手に入れるというのは、身の丈にあった行為でなければいけないということです。

総量規制があることで、必要なお金を借り入れることが出来ないかもしれません。しかし、それは貴方を守るためなので、きちんと守るようにしましょう。

複数の業者から借り入れをすると金利が高くなるので返済が困難になってしまう事が多いです。また借金の管理も大変になるのでおまとめローンを利用して借金を一本化する必要が出てきます。おまとめローンはいろいろな業者が用意していますが、オススメなのはアイフルのおまとめローンです。そこでアイフルのおまとめローンの特徴を見ていく事にしましょう。

・2種類のおまとめローンがある

アイフルは既に利用した事がある人が対象となるおまとめMAXと初めて利用する人が対象となるかりかえMAXの2種類のおまとめローンがあります。おまとめMAXの方が金利が低く設定されているので条件も良くなります。またかりかえMAXも通常のキャッシングより金利が低く設定されているので返済しやすい環境を整えてくれます。

・即日融資を受ける事も可能

銀行のおまとめローンは通常のカードローンより審査が厳しいので融資可能になるまで時間がかかってしまいます。しかしアイフルのおまとめローンは最短で審査が即日回答なので即日融資を受ける事も可能です。おまとめローンの中で融資スピードが優れているのがメリットになります。しかし即日融資を受けるには店舗に行って契約手続きをするのが条件となります。

キャッシングやカードローンを契約したい場合は、条件を満たしている必要があります。1番の条件としては定期的な収入があることですが、正社員では無い場合でもキャッシングやカードローンを利用することができるのでしょうか。キャッシングやカードローンはアルバイトなどでも一定の収入がある場合は問題なく借入を行うことが可能です。また学生の場合でもアルバイトなどをして収入がある場合は利用することは可能です。その際に大切な事は20歳上でないと利用できないと言うことです。20歳未満の場合は対象外になっているので、注意する必要があるでしょう。また学生の場合は親権者の同意が必要になることがほとんどです。

基本的にキャッシングは保証人等を必要としませんが、学生の場合は親の許可が必要になるということです。アルバイトや学生の場合は収入がそれほどない場合もあるでしょう。それによって限度額も低く設定されることが多いのが現実です。限度額は無理のない返済を行うためにも非常に役立つものなので、必要な事だと言えるのではないでしょうか。大切な事は審査を行う際に虚偽の申告をしないと言うことです。限度額を増やすために正社員として申請した場合でも、必ず調べられることになるので、本当のことを申告するようにしましょう。

大学生になって一人暮らしを始めました。大学でサークルに所属していて付き合いやクレジットカードの支払いでバイト代だけでも足りなり、親からは学費と仕送りをもらっているため、これ以上お金をくださいとも言えずに、偶々クレジットカードについていたキャッシング枠を利用し始めました。

主にカードの支払いなどで生活費が足りなくなった時の補填で利用することになりました。

まず支払いを待ってもらうことが解消されたので、体裁上ではマシになったかなと思います。ただ、金利が高いのとどうしても気軽に借りることができてしまうので、最初の頃は罪悪感などに苛まれながら控えめに借りていました。しかし、今はお金を借りて補填することが普通になってしまい、その返済をするのにまたお金を借りては返し、借りては返しを繰り返すようになってしまいました。

バイトもお金を貯めるためにというよりも返済するお金を稼ぐためにとなってしまいました…

よくCMでご利用は計画的に、と最後に入りますが、本当に次の日や次の給料で返せるという確信がない限り、借りるべきではないなと思います。当たり前のことですが、精神的負担にもなるので、本当に困ったときの最終手段とだけ思っておいたほうが良いです。