タグ: 金利

消費者金融の金利は高いというイメージがありますが、10万円程度の借り入れならそれほど負担となることはありません。例えばアイフルで10万円借りた時、毎月の返済額は4000円でこのうち利息は1500円となります。月1500円程度ならランチを3回ほど我慢するだけで済むので、それほど負担とはならないでしょう。

さらに大手消費者金融なら、初めての契約で最大30日間の無利息サービスがあります。次の給料やボーナスで一括返済すれば金利を支払うことなく利用できます。さらに新生銀行グループのノーローンという消費者金融なら、完済すれば翌月からまた無利息サービスが利用できます。無利息となるのはわずか1週間だけですが、給料日前の金欠時にありがたいサービスとなっています。

キャッシングの利用で損をしないためには、キャッシングの特徴をしっかりと知ることと、業者ごとによって違うサービス内容をしっかりと把握しておくことが大切になります。使い方によっては、自分のお金を銀行から引き出す事よりも、お得に利用することも可能になるので、どのように利用したら良いのかチェックしてみましょう。キャッシングをお得に利用するためには、まずは金利のチェックをしっかりと行うようにしましょう。ほとんどの消費者金融の金利を調べると、それほど差がないのが分かるのではないでしょうか。しかし銀行と比べた場合は、消費者金融の方が金利が高くなっている場合がほとんどです。

そこで銀行を利用した方が良いと考える方も多いですが、金利が高くなっている場合でも、条件によっては消費者金融を利用した方が良いケースがあります。それは消費者金融が展開している無利息キャンペーンなどがあるためです。無利息キャンペーンを利用することによって、金利なしでキャッシングを利用することが可能になります。これには条件がありますが、初めての利用に限る場合や、返済期間が1週間以内に限っている場合があります。業者によって条件も異なるので、事前に調べておく必要があるでしょう。このようなキャンペーンの情報収集をしっかりと行いましょう。

大学生になって一人暮らしを始めました。大学でサークルに所属していて付き合いやクレジットカードの支払いでバイト代だけでも足りなり、親からは学費と仕送りをもらっているため、これ以上お金をくださいとも言えずに、偶々クレジットカードについていたキャッシング枠を利用し始めました。

主にカードの支払いなどで生活費が足りなくなった時の補填で利用することになりました。

まず支払いを待ってもらうことが解消されたので、体裁上ではマシになったかなと思います。ただ、金利が高いのとどうしても気軽に借りることができてしまうので、最初の頃は罪悪感などに苛まれながら控えめに借りていました。しかし、今はお金を借りて補填することが普通になってしまい、その返済をするのにまたお金を借りては返し、借りては返しを繰り返すようになってしまいました。

バイトもお金を貯めるためにというよりも返済するお金を稼ぐためにとなってしまいました…

よくCMでご利用は計画的に、と最後に入りますが、本当に次の日や次の給料で返せるという確信がない限り、借りるべきではないなと思います。当たり前のことですが、精神的負担にもなるので、本当に困ったときの最終手段とだけ思っておいたほうが良いです。