タグ: 自己破産

総量規制、という年収の3分の1以上貸し付けてはいけませんよ、という法律があります。

よく「ご利用は計画的に」という文言をCMや広告などで見る機会があると思いますが、返済能力を上回った借り入れをするとどうなってしまうでしょうか。

もちろん返済が出来ずに、借り入れをした人は最悪自己破産することになるかもしれません。

返すあてがあるのであれば、もちろん借金することは悪いことではありません。

金融会社は自己破産をされることにより、もちろん借金の返済を受けられなくなる、というデメリットはありますが、それ以上に利用者を守るために総量規制は存在するのです。自己破産をしてしまうと、申し込み者は様々な制約を受けることになり、その後の生活が大きく左右されてしまうといっても過言ではないでしょう。

また、新しくカードローンやキャッシングの契約をしたり、住宅ローン等を組んだりすることが出来なくなります。

確かに生きていくうえで大金が必要になるときはあるでしょう。一方でに大金を手に入れるというのは、身の丈にあった行為でなければいけないということです。

総量規制があることで、必要なお金を借り入れることが出来ないかもしれません。しかし、それは貴方を守るためなので、きちんと守るようにしましょう。