タグ: 総量規制

急な出費に迫られたとき、必ずしも必要な金額の持ち合わせがあるとは限りません。

そんなときにとても心強い味方となってくれるのは消費者金融のキャッシングです。

消費者金融のキャッシングは店舗数も非常に多く、無人で契約できる機械も町中にたくさん設置されているので急な出費の折でもすぐに金策ができるという強みがあります。

また、消費者金融のキャッシングでは申し込みの手続きが簡単なことから、最短でその日のうちにお金を借りられるという大きなメリットがあります。

ただし、消費者金融のキャッシングを利用するときには限度額について理解しておく必要があります。

キャッシングの場合、総量規制の対象となる借入となるので自身の年収の三分の一までしか借入をすることができない点には注意が必要です。

キャッシングを利用する際には厳正なる審査を行い、消費者金融と契約を結ぶことになりますが、様々な情報から業者が検討を行うことになります。また審査の結果によって、限度額なども違いが出てきます。借り入れ出来る金額は個人差があり、その範囲内の利用しか出来ないということになります。また消費者金融と銀行では借り入れが出来る最大の上限があり、これを総量規制と呼びます。

総量規制とは年収を基準に定められる上限で、年収の三分の1までしか、消費者金融からお金を借り入れすることは出来ない事になっています。これはどの消費者金融を利用する場合でも適用される事になりますが、銀行のキャッシングの場合は、総量規制は適用されません。年収の三分の一以上の利用が必要になる場合は、消費者金融ではなく銀行のキャッシングを利用するようにしましょう。

総量規制は上限がデメリットとも言えますが、借りすぎを未然に防ぐことにも繋がるので、借りすぎを心配する場合はあえて、消費者金融を選ぶのも良いのではないでしょうか。使いすぎて返済が難しくなってしまうと、生活にも支障が出る場合もあるので、十分に気をつけて利用することが大切ではないでしょうか。キャッシングやカードローンは無理なく利用することが大切なのです。

総量規制、という年収の3分の1以上貸し付けてはいけませんよ、という法律があります。

よく「ご利用は計画的に」という文言をCMや広告などで見る機会があると思いますが、返済能力を上回った借り入れをするとどうなってしまうでしょうか。

もちろん返済が出来ずに、借り入れをした人は最悪自己破産することになるかもしれません。

返すあてがあるのであれば、もちろん借金することは悪いことではありません。

金融会社は自己破産をされることにより、もちろん借金の返済を受けられなくなる、というデメリットはありますが、それ以上に利用者を守るために総量規制は存在するのです。自己破産をしてしまうと、申し込み者は様々な制約を受けることになり、その後の生活が大きく左右されてしまうといっても過言ではないでしょう。

また、新しくカードローンやキャッシングの契約をしたり、住宅ローン等を組んだりすることが出来なくなります。

確かに生きていくうえで大金が必要になるときはあるでしょう。一方でに大金を手に入れるというのは、身の丈にあった行為でなければいけないということです。

総量規制があることで、必要なお金を借り入れることが出来ないかもしれません。しかし、それは貴方を守るためなので、きちんと守るようにしましょう。