タグ: 消費者金融

大手消費者金融のカードローンの審査では具体的にどのような点がチェックされているのか、審査通過率を高めるためにはどのような点に気をつけて申し込みをすれば良いのかなどを解説していきます。

・勤続実績

カードローン審査では現在の勤務先での勤続実績が重要視されます。具体的には1年以上の勤続実績があれば通過率は高まりますし、逆に半年未満の場合は審査は厳しいと考えられます。パートやアルバイトなどの雇用形態の人が申し込みをする場合には特に勤続実績に気をつけましょう。

・他社からの借入状況

他社からまとまったお金を借りていて、利用残高が多い場合には「お金に困っているのではないか」と捉えられて審査通過は厳しくなります。

他社から借り入れがある場合にはできるだけ利用残高を減らしてから申し込みをしましょう。

消費者金融の金利は高いというイメージがありますが、10万円程度の借り入れならそれほど負担となることはありません。例えばアイフルで10万円借りた時、毎月の返済額は4000円でこのうち利息は1500円となります。月1500円程度ならランチを3回ほど我慢するだけで済むので、それほど負担とはならないでしょう。

さらに大手消費者金融なら、初めての契約で最大30日間の無利息サービスがあります。次の給料やボーナスで一括返済すれば金利を支払うことなく利用できます。さらに新生銀行グループのノーローンという消費者金融なら、完済すれば翌月からまた無利息サービスが利用できます。無利息となるのはわずか1週間だけですが、給料日前の金欠時にありがたいサービスとなっています。

知人からお金を借入するのと、消費者金融からお金を借入する違いとしては利息や返済期日など多くのことが違ってきます。

利息面では、知人に借りるのは民法上の規定により年6分の割合、消費者金融は年1割以上と差が大きく、返済についても

個人の取り決めが主な知人関係と毎月一定額以上は返さないといけない消費者金融とでは大きな差があります。

また、知人からお金を借りるだけなら信用情報といったものにも情報は載りません。

ただ、周辺の人にお金を借りていることがばれてしまったり、お金にだらしのない人だったりと思われるリスクもあるでしょう。

消費者金融はそういったリスクは少ないです。

後は借入面で貸してくれるかどうかが、知人と消費者金融では前者は人により差が出るでしょうが、後者は基準はほぼ一定です。

本当にお金が必要な時に、手持ちの現金が無くて、困った経験を持っている人は結構いると思います。

その時にこそ、キャッシングができれば、とてもありかだいのです。

しかし、普段から全くキャッシングわをしたことが無い人は、どのようにすればいいのか迷ってしまうことと思います。

そのような時に助かるのが、消費者金融です。

利用申込みをして、審査に合格したなら、即日融資を受けることができるからです。

消費者金融の場合の審査には、いくつかの必要書類が必要になりますが、通常は身分証明書の提示があればOKです。

しかも、わざわざ填補の受付に出向かなくても、スマホからの申請で審査を受けることができるのです。

運転免許証の写真をスマホで消費者金融のサイトにアッブさせるだけです。

後は審査の完了通知を受けるだけです。

但し、融資額が大きい場合には、収入証明書を求められることがありますので、注意が必要です。

また、即日融資でも、午後2時までの審査完了が条件になっていることが多いので、申込みの時間を早めに行うことも必要です。

このように消費者金融の利用はかなりスピーディーな対応が可能なので、急ぎの融資を望むなら、とても便利なサービスと言えます。

ご存知のように、プロミスやアコムといった大手消費者金融では新規の契約者に対してこの無利息サービスを行っていますが、大手ではない中堅消費者金融でもこれを行っている会社があります。

まずはセントラルという関東地方や四国で営業を行っている消費者金融では、大手と同様に新規のカードローン契約者にこのサービスを提供しています。その期間は35日間で、無利息サービスだけなら大手よりお得に利用できるのです。

そして、ライフティでも無利息サービスを提供しています。こちらは新規の契約日から30日間で、大手のそれと同様の内容です。このように、カードローンで無利息期間が利用できるのは大手だけではないのです。

ただし、大手以外の消費者金融を利用すると、利便性の面で困ることがあるのでその点には注意してください。上記の2社でもカードの使えるATMがかなり限られているという点はどうしてもデメリットになってしまいます。セントラルでは自社の設置したATMかセブン銀行のATMのみが利用でき、ライフティは自社のATMを構えていない為、セブン銀行のATMしか利用することができません。

この使えるATMの数では中堅消費者金融はとても大手消費者金融には敵いません。ですが、キャッシングカードの発行自体を行っていない消費者金融も数多いので、この2社は無利息サービスも含めて比較的大手に近いサービスを提供している消費者金融だと言うことができます。

また、大手の審査基準はどこでもほぼ同様ですが、このような大手以外の消費者金融では大手各社とは多少違う基準で行っていることも多いので、自分にとって利便性に特に問題が無ければ利用を考えてみてもいいでしょう。

大手消費者金融のキャッシングの広告を見ると、利用限度額が500万円などと宣伝されています。初めてのキャッシングでこんな大金を借りる人はまずいないとは思いますが、この最大利用限度額は、あくまで可能性。いろんな条件が整っていて、審査に通って初めて借りられる金額です。当然ながら、誰もがこんな大金を借りられるわけではありません。

まず、消費者金融のキャッシングには、貸金業法の「総量規制」が適用されます。この総量規制によって消費者金融から借りられる最大金額は年収の3分の1までと決められています。500万円借りるためには、年収が1500万円以上あることが必須条件となるのです。

また、1人1人の最大利用限度額は、審査によって決まります。正社員なのか、アルバイトやパートなのかといった雇用形態、勤務年数、家族と同居か一人暮らしなのかといった様々な条件が考慮されるため、同じ年収でも限度額が異なる場合もあります。

初めてのキャッシングでは、利用限度額は50万円以下に設定されることが多いようです。中小の消費者金融では、最大利用限度額を50万円と決めているところもあります。50万円以上の借り入れが必要でキャッシングに申し込む場合は、まず電話で相談してみる方がよいかもしれませんね。

消費者金融からお金を借りようと思った時は消費者金融の審査に通らないといけないです。

それでお金を借りないといけないにもかかわらず消費者金融に借り入れの申込みを最初からしない人もいます。

確かに大手の消費者金融に借り入れの申込みをすると審査がかなり厳しいというのはあります。ですが、それも中堅以下の消費者金融になると様子が変わってきます。

なぜなら、中堅以下の消費者金融の借り入れの審査は明らかに大手の消費者金融よりも審査の基準が甘いというのがあるからです。

その理由は簡単で大手の消費者金融は有名なので申し込むが人が多く中堅以下の消費者金融になると有名ではないので借り入れの申込み自体少なくなるのでその分大手よりも審査の基準が甘くなります。

ですから、特定の消費者金融の審査が厳しいという話だけを聞いて諦めずに中堅以下の消費者金融にお金を借り入れの申込みをしたら良いです。

それで思った以上に消費者金融に借り入れの申し込んでみる価値がある事に気づくと思います。確かに中堅以下の消費者金融のすべてが審査に通りやすいというわけではないです。

少なくとも大手の消費者金融よりも通りやすい傾向にあるのは間違いないという話になります。