タグ: 審査

大手消費者金融のカードローンの審査では具体的にどのような点がチェックされているのか、審査通過率を高めるためにはどのような点に気をつけて申し込みをすれば良いのかなどを解説していきます。

・勤続実績

カードローン審査では現在の勤務先での勤続実績が重要視されます。具体的には1年以上の勤続実績があれば通過率は高まりますし、逆に半年未満の場合は審査は厳しいと考えられます。パートやアルバイトなどの雇用形態の人が申し込みをする場合には特に勤続実績に気をつけましょう。

・他社からの借入状況

他社からまとまったお金を借りていて、利用残高が多い場合には「お金に困っているのではないか」と捉えられて審査通過は厳しくなります。

他社から借り入れがある場合にはできるだけ利用残高を減らしてから申し込みをしましょう。

今回はお金がどうしてもすぐに必要な方向けに即日キャッシングについて記載していきます。まず、即日キャッシングする方法としてはアコムやプロミス、レイクなどの消費者金融で手続きすることです。少し視線を上にして都心を歩いているとすぐに見つかるかと思います。そこに入ると即日キャッシング用の個室があります。

モニターを手順通りに操作していくと、直ぐに消費者金融会社にデータがいき、審査をしてくれます。その際に審査内容を確認するための電話がありますので虚偽の申し込みは絶対にやめましょう。その審査に通るとすぐに専用ATMにてキャッシングをすることが可能です。だいたいの消費者金融が最初の何日かは無利子キャンペーン出を行なっていますのでお得にキャッシングができます。以上が即日キャッシングの方法です。

全てのキャッシングに当てはまる訳ではありませんが基本的に年収をチェックしていることがほとんどです。たくさんの年収を稼いでいる方ほど多額の融資を行っても返済や遅延を発生させないでお金を返してくれる可能性が高いので、積極的な融資をしています。その他にも職業や雇用形態に関しても細かく確認していることが多いです。

一番安心感を与えられるのが公務員や会社員で、毎月安定した収入を確保しやすいです。雇用形態は正社員がもっとも好印象で、自営業はどうしても収入が安定しにくいという部分で不安を与えやすいです。また個人の信用情報もチェックされており、あまりにも融資状況が劣悪化している場合、審査に悪い影響を与えてしまいます。このような部分をチェックしており、キャッシングしても問題ないかどうか判断をしています。

基本的にはアルバイトでも借り入れはすることが可能です。

ただ特に法律で定められているわけではないのでそれぞれの消費金融の裁量に任せており、申し込む場所によってはアルバイトはそもそも借り入れをしていないところもあります。

アルバイトで借りる際の基礎知識として、正社員、アルバイトなどに限らず総量規制法という法律により原則年収の3分の1以上の借り入れは法律で禁止されております。

これは借りすぎによる多重債務や返済が出来なくならないようにする為に定められた法律です。

なのでアルバイトで年収100万円でしたら約33万くらいまでしか限度額はもらえません。

またアルバイトは安定した収入とはあまり言えないので、借り入れ限度が正社員よりも低く設定されることが多いのでその点留意し申し込みをしてみてください。

本当にお金が必要な時に、手持ちの現金が無くて、困った経験を持っている人は結構いると思います。

その時にこそ、キャッシングができれば、とてもありかだいのです。

しかし、普段から全くキャッシングわをしたことが無い人は、どのようにすればいいのか迷ってしまうことと思います。

そのような時に助かるのが、消費者金融です。

利用申込みをして、審査に合格したなら、即日融資を受けることができるからです。

消費者金融の場合の審査には、いくつかの必要書類が必要になりますが、通常は身分証明書の提示があればOKです。

しかも、わざわざ填補の受付に出向かなくても、スマホからの申請で審査を受けることができるのです。

運転免許証の写真をスマホで消費者金融のサイトにアッブさせるだけです。

後は審査の完了通知を受けるだけです。

但し、融資額が大きい場合には、収入証明書を求められることがありますので、注意が必要です。

また、即日融資でも、午後2時までの審査完了が条件になっていることが多いので、申込みの時間を早めに行うことも必要です。

このように消費者金融の利用はかなりスピーディーな対応が可能なので、急ぎの融資を望むなら、とても便利なサービスと言えます。

消費者金融からお金を借りようと思った時は消費者金融の審査に通らないといけないです。

それでお金を借りないといけないにもかかわらず消費者金融に借り入れの申込みを最初からしない人もいます。

確かに大手の消費者金融に借り入れの申込みをすると審査がかなり厳しいというのはあります。ですが、それも中堅以下の消費者金融になると様子が変わってきます。

なぜなら、中堅以下の消費者金融の借り入れの審査は明らかに大手の消費者金融よりも審査の基準が甘いというのがあるからです。

その理由は簡単で大手の消費者金融は有名なので申し込むが人が多く中堅以下の消費者金融になると有名ではないので借り入れの申込み自体少なくなるのでその分大手よりも審査の基準が甘くなります。

ですから、特定の消費者金融の審査が厳しいという話だけを聞いて諦めずに中堅以下の消費者金融にお金を借り入れの申込みをしたら良いです。

それで思った以上に消費者金融に借り入れの申し込んでみる価値がある事に気づくと思います。確かに中堅以下の消費者金融のすべてが審査に通りやすいというわけではないです。

少なくとも大手の消費者金融よりも通りやすい傾向にあるのは間違いないという話になります。

キャッシングは、外国人でも利用することができます。ただし、審査を受ける際には必要になる書類もあるので、それを用意しておくとよいでしょう。

まず外国人が審査に申し込む際には、在留カードや特別永住者証明書が必要になってきます。外国人でも、旅行などで一時的に国内に滞在している人にはお金を貸すことができません。日本に定住しており、日常的な生活を送っていることが条件になってきます。

また、審査に申し込みする際には、働いていることも重要です。キャッシングを利用するからには返済を行う必要が出てきますが、そのためには勤務実態がないと審査に通ることができなくなるのです。外国人でも、日本人と同様に勤務先の確認は行われることになるので、勤務先の情報を正しく記載しておくとよいです。大手の企業に就職していたり、同じ企業に長く勤めていれば審査の際に有利になってくるため、お金を貸してもらえる可能性が高くなってきます。ただし、企業の名前の書き間違いには注意してください。

外国人は、日本人と同じように借入することはできるものの、そのために用意しないといけない書類も存在しています。申し込みする前には、書類を揃えておくように気を付けてみるとよいでしょう。