タグ: 利用限度額

大手消費者金融のキャッシングの広告を見ると、利用限度額が500万円などと宣伝されています。初めてのキャッシングでこんな大金を借りる人はまずいないとは思いますが、この最大利用限度額は、あくまで可能性。いろんな条件が整っていて、審査に通って初めて借りられる金額です。当然ながら、誰もがこんな大金を借りられるわけではありません。

まず、消費者金融のキャッシングには、貸金業法の「総量規制」が適用されます。この総量規制によって消費者金融から借りられる最大金額は年収の3分の1までと決められています。500万円借りるためには、年収が1500万円以上あることが必須条件となるのです。

また、1人1人の最大利用限度額は、審査によって決まります。正社員なのか、アルバイトやパートなのかといった雇用形態、勤務年数、家族と同居か一人暮らしなのかといった様々な条件が考慮されるため、同じ年収でも限度額が異なる場合もあります。

初めてのキャッシングでは、利用限度額は50万円以下に設定されることが多いようです。中小の消費者金融では、最大利用限度額を50万円と決めているところもあります。50万円以上の借り入れが必要でキャッシングに申し込む場合は、まず電話で相談してみる方がよいかもしれませんね。

カードローンを利用する際には、前提としてまず審査を受けないといけませんよね。

審査に必要なのは個人の年収がどれくらいあるによって決まります。

消費者金融会社の場合は、特に総量規制のを受けることになるので年収はとても大事なのです。

そうでなくても、返済能力に係わることなので年収はとても意味がありますよね。

審査を通るとその結果に応じて利用限度額というものが決まります。

その際に、最初に定められる利用限度額に年収はどれくらい関わってくるのかを見ていきましょう。

まず、カードローンの申し込むとくの条件に安定した収入という項目があります。

常識としてお金を借りたら、きちんと返さなければなりませんよね。

しかし安定した収入がなければ返済できるかも怪しくなってきます。

ですので、絶対条件として安定した収入は必須なのです。

では年収はどのように利用年度額に関わってくるかというと、実はそれほど関係がないのです。

もちろん多いことに越したことはないのですが、それが利用限度額に大きく影響することはありません。

先ほども述べたとおり、安定した収入というのが何よりも審査で重要視されます。

ですので年収が低いから審査が通らないんじゃないか、と不安の方でも安心してカードローンを受けられますね。