タグ: カードローン

初めてのカードローン利用では、消費者金融よりも銀行の方が安心、と考える人が多いようです。

銀行のカードローンのメリットは、金利の低さです。大手消費者金融のカードローンの金利は約18%。銀行は約14%です。10万円を1年間借りた場合、利息に4000円の開きが出てきます。また、多くの銀行では、提携銀行やコンビニのATMが無料で使えるようになっているというメリットもあります。

一方で、銀行のカードローンは、即日融資に対応していないというデメリットがあります。審査もやや厳しめで、消費者金融と比べるとスピードが遅くなる傾向があります。急いで借りたい場合は、消費者金融の方が便利なのです。

借り入れを急がない人、完済までに時間がかかりそうな人は金利の低い銀行のカードローン、とにかく急いで借りたい人は消費者金融がオススメです。

初めてカードローンをしようとした時に、最初の30日間は無利息ですっていうキャンペーンをしているカード会社がいくつかありますよね。

どうせ借りるならそういうところで、借りた方がお得だなって思いました。そして私は実際にそういうところでカードを作ることにしました。

今時のカードローンは昔のように金利が高くなく、どこも同じような感じなので、少しでもどこで借りるのがお得かな?と考えて調べた方がいいなと思います。借りる額にもよりますが30日間無利息は助かりますよ。まず、次の給料日までお金がなくてっていうだけだったらその一回で済みますし。そうしたら、利息なしで借りることができる訳です。これはラッキーです。お金がないから借りるわけですから少しでも安くしたいですよね。

カードローンを利用する時に、把握しておきたいのが借入残高です。限度額の上限まで借入を行うと、新たな借入をするためには返済を行って借入残高を減らす、もしくは増額審査や新たな業者での審査を受ける必要があります。増額審査を受けて通れば、限度額に余裕が生まれますが、借入金が増えればそれだけ返済が大変な状況となります。そのため、利用を始めたら定期的に残高の確認をしておくことがおすすめです。

残高を確認するための方法のなかでも便利なのはATM、そしてWEBとアプリです。これらは、気になればいつでも手軽に確認可能となっています。それ以外にも、業者の営業時間内であれば、電話や店頭窓口で残高を確認をすることも可能です。

最近は専業主婦でも銀行カードローンを利用できるようになっていますが、金利は消費者金融の年18%よりは低いとはいえ年14~5%となっています。しかし兵庫県にお住まいの専業主婦なら、但陽信用金庫のカードローン「おてがる」を利用すると年13%で30万円まで借りられます。兵庫県在住の方でも但陽信用金庫なんて聞いたことないかもしれませんが、加古川市に本拠を置く信用金庫です。

さて「おてがる」の申し込み条件は、当行の営業エリア内にお住まいまたはお勤めの方で、満20~65歳の方となっています。ちなみに営業エリアは兵庫県全域ではなく、神戸市西区以西のエリアが中心となっています。なお「おてがる」は利用限度額は100万までの5コースで、金利は一律年13%となっています。専業主婦とパートの主婦の方は、10万円または30万円のみ申し込めます。

「おてがる」の審査は、信用金庫らしく平日のみで即日回答は不可となっています。この審査は予約審査で、予約審査に通ると店舗窓口まで出向き必要書類を持参の上正式に申し込み、本審査を受けます。その後本審査に通ると、ローン専用通帳とカードが郵送されてきます。だいたい2週間ほどかかるのでお急ぎの方には不向きですが、専業主婦の方が年13%で借りられるのは大きな魅力です。

キャッシングを利用する際には厳正なる審査を行い、消費者金融と契約を結ぶことになりますが、様々な情報から業者が検討を行うことになります。また審査の結果によって、限度額なども違いが出てきます。借り入れ出来る金額は個人差があり、その範囲内の利用しか出来ないということになります。また消費者金融と銀行では借り入れが出来る最大の上限があり、これを総量規制と呼びます。

総量規制とは年収を基準に定められる上限で、年収の三分の1までしか、消費者金融からお金を借り入れすることは出来ない事になっています。これはどの消費者金融を利用する場合でも適用される事になりますが、銀行のキャッシングの場合は、総量規制は適用されません。年収の三分の一以上の利用が必要になる場合は、消費者金融ではなく銀行のキャッシングを利用するようにしましょう。

総量規制は上限がデメリットとも言えますが、借りすぎを未然に防ぐことにも繋がるので、借りすぎを心配する場合はあえて、消費者金融を選ぶのも良いのではないでしょうか。使いすぎて返済が難しくなってしまうと、生活にも支障が出る場合もあるので、十分に気をつけて利用することが大切ではないでしょうか。キャッシングやカードローンは無理なく利用することが大切なのです。

カードローンの魅力は、フリーローンや目的別ローンと異なり、いつでも借り入れが可能なことや追加借り入れが可能ということです。フリーローンや目的別ローンの場合、金利が低く設定されている半面、自由に借り入れが出来ないデメリットがあります。ただし、しかしながらカードローンのメリットは前者の随時借入と追加借入が可能という点しかありません。そして、注意しなければならない点が約定返済額が最小限に抑えられているという点から返済期間が長期化し易くなるため、任意返済を適宜行う必要があります。

つまり、毎月の返済が銀行口座から引き落としといったことで安心し過ぎると気付いた時には返済額が高額になっている危険性があります。そのため、カードローンの返済を行う場合は、契約前に毎月どのくらいの現金を返済に充てられるかが重要になります。約定返済という返済方式は便利ではあるものの、大きな落とし穴にもなり得ます。カードローンは現代の高利貸しといった特徴があるため、借入中の返済計画も重要ですが、ローン商品の特徴をしっかりと捉えておく必要があります。金利の低さや審査の通過率だけに注視しないことがお得に借り入れをすることの重要なポイントになります。