月別: 2020年2月

キャッシングの申し込みでは、原則として仕事をされている方で、毎月安定した収入を得ていることが借り入れの条件となりますので、仕事をしていなくて収入源がない方は、キャッシングを利用することができません。

また、キャッシングなども同様に、申し込みを行う本人が仕事をしていること、一定の収入があることが融資を受ける際の条件となります。ただ、ごく一部のキャッシングでは、専業主婦の方でも申し込みができるものがあります。

ですが、専業主婦の方がキャッシングの利用をする際には、利用限度額が10万円まで、あるいは30万円までというように、利用できる金額が制限されることがあります。キャッシングの申し込みでは、申し込みを行った本人の収入を元に、融資が可能かどうかを判断することとなりますので、仮にご主人に安定した収入があるという専業主婦の方でも、キャッシングの融資を受けるのは非常に難しいです。

銀行系カードローンにおいては、一部ではありますが、即日融資に対応してくれるという銀行もあったりしており、

消費者金融に対抗して一生懸命お金を貸していこうというし精を出している部分もありました。

しかし、2017年になってから、銀行系カードローンにおけるお金の借りすぎが問題になってきたことからその動きに規制をかけようということが提唱されました。

それと同時に、スピード融資というのは反社会的勢力に対してもお金を貸しやすいという点も浮き彫りになってきたので、その対策の重要であるという認識にもなってきました。。

そういった事情を踏まえて、業界側では自主規制という形で2017年9月ごろに2018年から即日融資というのをやめるようになってきているというわけなのです。

お金の貸しすぎにつながるスピード融資の抑制という点や、反社会勢力かどうかによる調査時間がどうしても時間がかかるので即日融資を抑制しようとする

とした業界側の改善を図ったというわけです。

これからスピーディーにお金を借入するときには、消費者金融が専売特許になっていくのだろうということが改めて認識されることになると思われます。

お金を借入するのにも業界側も色々な対応の句量があるというわけなのです。

消費者金融や銀行カードローンで借り入れを行なう場合には本人確認が必須になります。

金融機関側は利用者の申し込み情報と提出された本人確認書類などで審査を行ない、その利用者に返済能力があるかどうかを判断することになります。

お金を貸すわけですから本人であることの確認が必要なことは言うまでもありませんが、本人確認と聞くと役所などの手続きのように自分がどこかへ出向き担当者に免許証などの本人確認書類を直接提出する必要があるように感じる方もいるかもしれません。

しかし最近では金融機関側も多くの利用者を集めるためのさまざまな工夫を凝らしており、実際にはそのような手間をかけなくても本人確認をその場で完了させることも可能です。

金融機関にもよりますが消費者金融大手などでは本人確認をスマホの機能を使ってサイトへ送信することで完了させることができるためです。

パソコンで写真を取り込んでも同様に完了させることができるので、このサービスを利用することでどこかへ出向く必要もなくその場にいながら本人確認書類の提出を完了させることができるのです。

キャッシングのサービスは飛躍的に進歩し、振込キャッシングなどスマホの操作だけで口座へ振り込めるサービスも登場していることから、その場から動くことなくキャッシングをすることも可能な時代になってきています。

キャッシングにも返済の対策として借り換えを検討する方法があります。

借り換えタイミングとして考えられるのが、将来の返済を考えるために金利の低い業者へと乗り換える方法。

もう一つが月々の支払いを軽減するために月ごとの返済額が低く抑えられる業者に乗り換える方法です。

まず、金利の低い業者へと乗り換える方法についてですが、

返済期間が長くなるほど利息の割合が大きくなります。

例えば金利の年率18%で借り入れたという場合、単純計算で1ヶ月で約1500円の利子を払わなくてはなりません。

一方で年率14.5%で借り入れると1ヶ月で約1200円程度の利子で済みます。

これが1年となると利子の支払額に開きが生じますし、それ以上の返済期間であればなおさらです。

通常の消費者金融であれば18%の年率という業者が多いですが、楽天ローンなどは14.5%の年率ですので借り換えとしては有効であることがわかります。

続いて月々の支払い軽減での乗り換えについてです。

例えば10万円をみずほ銀行カードローンで借りたとして、月々の返済額は1万円。

しかし、アコムの場合は月々の返済額は3000円とその差は7000円にもなります。

借り換えをすることでかなりの効果が期待できるのは確実でしょう。

とは言え金利も違えば総返済額も変わってくるため、直近で考えると有効ですが、長期で考えると必ずしも良い方法とは断言できません。

キャッシングの借り換えは以上のことを念頭に置いて、あなたにとってより良い方法を選択しましょう。

大学生や大学院生は学年が上がりますと、様々な付き合いが増えてきますので急な出費が発生しがちです。アルバイトをしていても給料日まではお金が入ってこないといった状況になる事は多々ありますので、何らかの手段で資金を確保する必要性があります。近年では、消費者金融会社がキャッシングで即日融資が出来るようにしていますので、これを活用すれば、多くの場面で発生する急な出費に対応する事が出来るでしょう。

キャッシングは学生でも使えますが、満20歳以上である事、アルバイトなどで定期的に収入がある事が審査を通過する上で重要なポイントとなります。学生の場合、長期アルバイトをしていれば、この利用条件をクリアし易いですので、アルバイトをしているのであれば、キャッシングの申込みをしてみると良いでしょう。

キャッシングの申込みは、スマートフォンやパソコンから公式サイトで申込みを行うWeb申込みを利用すれば、店舗や無人契約機まで足を運ぶ必要が無く、安心して申し込めます。申込みの際には運転免許証などの本人が申し込んだという証明が出来る書類が必要になりますので、事前に用意しておくとスムーズにキャッシングの申込みをする事が出来るでしょう。

一度借りるとその便利さからどんどん借り入れしてしまうこともありますよね。特に1つの業者からでなく複数借り入れをしてしまうと毎月の返済額で生活が困難になってしまったり、それを補うために別の借り入れを探してしまうなどという悪循環に陥ってしまうこともあると思います。

そのような時にはおまとめローンが便利です。おまとめローンを利用すると複数借り入れがあっても1ヶ所でまとめることができるので、毎月の返済額を抑えることができ、支払い忘れもなくすことができます。

またおまとめローンは消費者金融のカードローンの総量規制(年収の3分の1以上貸し付けしてはならないという決まり)を超えて貸し付けすることができるようになっているので、複数借り入れがあって生活が困難な場合でも生活を立て直すことができます。

多くのキャッシングでは臨時返済を実施しており、お金に余裕がある時に返済を行えるようにしています。臨時返済は特に難しい方法ではなく、ATMなどを利用して簡単に実施することが可能です。これによって少しでも短期間で完済を目指せるようになり、支払う利息を少なくできるので魅力的な方法になっています。

また定期返済とは違い、義務化されている訳ではないので、臨時返済できなくても全然問題はないです。臨時返済できなくても金利が高くなったり、融資を受けた消費者金融から厳しい対応を受けるなどはないので、安心してもらいたいです。今も多くの人がキャッシングを利用しているのですが臨時返済をすることで、短期間での完済を目指している状況です。