月別: 2019年11月

まず主婦がキャッシングする場合、自分に収入があるかどうかが重要になってきます。正社員ではなくパートなどでもいいので、共働きで働いていて自分に収入がある場合ならプロミスをはじめとする消費者金融からキャッシングすることは十分可能です。パートで収入が少ないから借りれないということはまずないので安心してキャッシングすることができます。

反対に専業主婦で仕事はしていないという方は、消費者金融からだと自分の名前だけで借り入れすることは非常に難しくなります。ですので収入のある旦那の名義で借りることをおすすめします。もし自分の名前だけで借りたいという場合は、銀行ローンなどですと総量規制対象外となるため、専業主婦でも旦那に知られることなくキャッシングすることは可能です。

キャッシングは無担保で行うことができ、用途も自由に使えるという汎用性の高いサービスでもあります。

そのぶん利息については高めに設定されていますが、いつでも借りることができていつでも返済できるという利便性の高さが魅力でもあります。

ただしいくらでもキャッシングか可能なわけではなく、借り入れには限度額が設定されているので注意が必要です。

借り入れ限度額は審査の際に利用者の年収など経済状況を鑑みて判断さることになります。

消費者金融を利用する場合には総量規制なども関わってくることになり、よりシビアに限度額が設定されてしまうので、年収が少ない方がキャッシングを行う際には限度額が低くなってしまうということを覚えておきましょう。

お金の融資を受ける為には審査を通過しなくてはいけません。消費者金融の審査を通過することによって、利用限度額を設定してもらうことができ、一定額のお金を借りる事ができます。審査のポイントでまず重要なのは、収入部分で一時的な収入ではなく、安定した収入が必要です。

会社員や公務員といった他の職業よりも安定した収入を確保しやすい職業に携わっている方は、審査を通過しやすいです。次に勤務期間や個人の信用情報などをチェックしていき、問題なければ審査を通過できる可能性が高まります。長い間仕事をしている方や信用情報に問題が無い方は、利用限度額を高めに設定してもらいやすいです。このような特徴を持っているので、まずは安定した収入を確保することが第一になります。

学生の方でも、キャッシングの利用を申し込みすることができます。

ただし、年齢が満20歳以上で、安定収入があることが条件になります。

学生ですので、もちろん正社員として働いているわけではありませんので、この「安定収入」と言うのは、アルバイトをして収入を得ていれば大丈夫と言うことになります。

大体の金融業者の条件は、この設定をしているのが一般的です。

では、アルバイトをしていない学生は、申し込みができないのか?と疑問が沸きますが、それは、各金融業者によって、違いがあります。

例えば、親からの仕送りの金額がとても多い場合など、申し込みができる可能性があります。

では、アルバイトなどで収入があるが、未成年の学生の場合は?と言うと、基本的に、どこの金融業者も、申し込みは受付けしていません。

ただ、親権者の同意や承諾を得ることができる場合は、申し込みができる金融業者もあります。

また、学生の方が、キャッシングを利用する場合、親権者の連絡先を申告する必要があります。

これは、もし返済が滞ってしまったり、本人と連絡が取れなくなった時など、万が一の事態に備えたものですので、それ以外は、連絡が行くことがありません。

アコムでは借りたお金を事業資金として利用できる、個人事業主を応援するカードローン商品であるビジネスサポートカードローンというサービスの取り扱いがあります。ビジネスサポートカードローンの特徴について確認していきましょう。

・総量規制対象外

ビジネスサポートカードローンは消費者金融のカードローンではありますが、事業性融資商品ということもあって総量規制対象外のカードローンとなっています。

・即日融資が可能

最短で申し込みをしてから即日審査回答が得られますし、即日融資にも対応しています。急いで事業資金を得たい場合に非常に便利です。

・インターネット申し込みが可能

店頭窓口での申し込みの他、インターネットからの申し込みも可能なので、忙しい人でも無理なく申し込みができます。