月別: 2019年8月

消費者金融は銀行カードローンに比べて審査が通りやすいという声をよく聞きます。それで確実にお金を借りたい時は消費者金融にキャッシングの申し込みをしますが、誰でも通るわけではないので注意しなければいけません。そこで消費者金融の審査基準がどのようになっているのか確認していきましょう。

・毎月収入が発生しているのが絶対条件

消費者金融は申込資格に安定した収入を得ている人という項目があります。それで年収が高ければ審査に落ちる事はないと考えてしまう人もいますが、落ちる事もあるので注意が必要です。消費者金融の審査では安定した収入を得ているのは毎月収入が発生している点を意味しています。それで年収が高くても毎月収入が発生していないとすぐに無収入になってしまうのではないかと思われてしまいます。それで審査に落ちてしまうので消費者金融でキャッシングをする時は毎月収入を得ておくようにしましょう。

・他社からの借入件数が3件以下で信用情報も問題なし

消費者金融の審査では信用情報機関にアクセスして他社からの借入状況を確認します。それで他社からの借入件数が3件以下でしかも滞納などの金融事故の履歴がないと審査が通ります。毎月収入が発生している以外でも審査基準になっている点があるのでしっかり覚えておきましょう。

キャッシングの返済対策として「借り換えを検討する方法」があります。ひとつは「金利の低い業者に借り換える方法」ともうひとつは「月々の支払いを軽減させるための方法」です。

金利の低い業者に借り換える方法とは、キャッシングの利息というのは返済期間が長くなるほど大きくなります。そんな時に低金利のキャッシングに借り換えることはおすすめです。借り換えのタイミングで、ローン返済が厳しくなったからというタイミングで借り換えを考える人がいていますが、厳しくなるということは毎月の返済が厳しくなっているということは元金を返済するのにも大変なはずです。こうした状態の時に金利が数%下げても返済額や返済総額に大きな変わりはありません。なので、返済が厳しくなる前に早めに低金利のキャッシングを見つけたら借り換えておくことが必要です。

もうひとつの方法、月々の支払いを軽減させることができるとは、複数から借り入れした借金を一本化して1つの業者に借り入れすることにより、借り入れ額が大きくなりますので自然と金利が低くなります。しかも、複数へ何千円から何万円と返済していたのが、一社になることにより何万円もしくは何千円だけでよくなり、月々の支払いを軽減させることができます。こちらも金利の低い業者を選ぶのと同じで返済が厳しくなる前に早めの判断する方が良いでしょう。

初めてキャシングをした頃、キャシングって全て悪徳・悪質な業者、いわゆる「ヤミ金」

だと思ったいました。

なので、サラ金には手を出しちゃいけない。って思っていました。

ですが、実際は生活苦・遊び金欲しさ等理由は様々ですが、借り入れをすることになった訳です。

結論から言うと、私が単にビビっていたと言うことです。

実際、借り入れの時は「免許証と印鑑」だけOKでした。

終わって見ればこんなもんか!ってただビビっていただけです。

少し詳しく話ますが、記入する欄は多かったです。

覚えている限りですが、

仕事絡みだと・職業・勤続年数・年収・会社の連絡先・所在地・従業員の人数など、あとはご本人さんの出勤日。

家族関係だと、・家族構成・家族のそれぞれの年収・家族全体での年収・住所・連絡先・家は持ち家かどうか?・車の有無などです。

申し込みをした時は、窓口で先方の方と対面式で行い、上記の事を

記入・ヒアリングでやりました。

その後、審査の結果を待ち、無事に?融資をすることができました。

融資金額は50万になります。

このヒアリング最中は、とてもドキドキで緊張しまくりです。と、同時に

騙されているんじゃないかって、不安も。

融資をされて帰りの道中には、「こんなもんか」ってもう余裕です。

でも、お分かりのように返済は余裕ではない!ことは、この時はまだ知る余地もありませんでした。