月別: 2019年4月

大手消費者金融のカードローンの審査では具体的にどのような点がチェックされているのか、審査通過率を高めるためにはどのような点に気をつけて申し込みをすれば良いのかなどを解説していきます。

・勤続実績

カードローン審査では現在の勤務先での勤続実績が重要視されます。具体的には1年以上の勤続実績があれば通過率は高まりますし、逆に半年未満の場合は審査は厳しいと考えられます。パートやアルバイトなどの雇用形態の人が申し込みをする場合には特に勤続実績に気をつけましょう。

・他社からの借入状況

他社からまとまったお金を借りていて、利用残高が多い場合には「お金に困っているのではないか」と捉えられて審査通過は厳しくなります。

他社から借り入れがある場合にはできるだけ利用残高を減らしてから申し込みをしましょう。

初めてのカードローン利用では、消費者金融よりも銀行の方が安心、と考える人が多いようです。

銀行のカードローンのメリットは、金利の低さです。大手消費者金融のカードローンの金利は約18%。銀行は約14%です。10万円を1年間借りた場合、利息に4000円の開きが出てきます。また、多くの銀行では、提携銀行やコンビニのATMが無料で使えるようになっているというメリットもあります。

一方で、銀行のカードローンは、即日融資に対応していないというデメリットがあります。審査もやや厳しめで、消費者金融と比べるとスピードが遅くなる傾向があります。急いで借りたい場合は、消費者金融の方が便利なのです。

借り入れを急がない人、完済までに時間がかかりそうな人は金利の低い銀行のカードローン、とにかく急いで借りたい人は消費者金融がオススメです。

ここ最近はいろいろなものが値段が上がりどうやって節約をしたらいいのかということを考えていく必要があります。

それと同時に働き方改革で本業の他に副業を推進するようになっていくので、これらの状況をうまく利用して節約生活をしていくかを考えていく必要があります。

更にキャッシュレス決済を導入することによるメリットやデメリットも知っておく必要があり、上手な取りれ方をすることで節約につなげていけばいいと思います。

特にこれから社会人として生きていくには、新しい経済や金融のあり方を学んでいく必要があり、若いうちから新しいことにチャレンジしていく必要があります。

もちろん新しいことにチャレンジすることで失敗することもありますが、その失敗を糧に活かしていけば年を取った時に新しい経済や金融を上手に受け入れることができるようになるのです。

そうしていくことで、上手に節約をすることや貯金をしていくことを覚えていくのです。

もちろん貯めるだけではだめで、必要な時に使うということも大事です。

例えば失業した時に食いつなぐための資金やスキルアップをするときも貯金が役に立つのです。

特に若いうちはスキルアップや経験、結婚や住宅の購入資金はお金が必要になりますし、そういうときのための貯金はしておきたいです。