月別: 2018年6月

全てのキャッシングに当てはまる訳ではありませんが基本的に年収をチェックしていることがほとんどです。たくさんの年収を稼いでいる方ほど多額の融資を行っても返済や遅延を発生させないでお金を返してくれる可能性が高いので、積極的な融資をしています。その他にも職業や雇用形態に関しても細かく確認していることが多いです。

一番安心感を与えられるのが公務員や会社員で、毎月安定した収入を確保しやすいです。雇用形態は正社員がもっとも好印象で、自営業はどうしても収入が安定しにくいという部分で不安を与えやすいです。また個人の信用情報もチェックされており、あまりにも融資状況が劣悪化している場合、審査に悪い影響を与えてしまいます。このような部分をチェックしており、キャッシングしても問題ないかどうか判断をしています。

銀行や消費者金融のカードローンもしくはフリーローンを申し込みする際、申し込み情報と既存の契約との乖離には注意が必要です。勤務先の情報については、人事異動により所属の変更は大きな問題では無いものの、勤務先自体が変わることは契約先に変更を申告しない人と見做され、信用は低くなります。また明らかに収入金額に差があることも虚偽申告と見做される可能性があります。

多少の誤差は許容されるものの、大きな乖離がないように注意することが重要です。クレジットカードや各種ローン契約の利用限度もしくは融資額からある程度の収入も予測は可能です。特にクレジットカードもカードローンも取り扱いする会社の場合、年齢層や職種による平均的な金額を基準にできるノウハウもあるため、収入証明が不要だから問題ないと考えることは避ける必要があります。