月別: 2017年9月

人間誰しも絶対に使ってはいけないお金を使ってしまうことがあります。
例えば通勤で使っている車の車検代をつい使ってしまい、車検が受けられなくなった場合です。
車がなければ会社に行けないわけですから、親や親戚に頭を下げてお金を作る必要があります。

しかし頼れる身内がいなければ途方に暮れるしかありません。
いやそんな時こそ消費者金融を利用すればいいのです。
車検代はせいぜい10万円あれば足りるでしょう。
10万円くらいなら、正社員で過去に滞納などしていない限り認められるはずです。
大手消費者金融なら50万円までなら、運転免許証さえあれば申し込めます。
ネットで申し込むも善し、自動契約機で申し込むも善し、即日融資が可能なので困っている方の強い味方となるでしょう。

キャッシングは好きなだけお金を借りることができるわけではなく、利用者が借り入れを行なうことができる限度額が設定されています。
この限度額は初めて利用する方の場合はたいてい低めに設定されており、利用者の収入によっても変わってきます。

金融機関側としては貸し倒れリスクを避けるために利用者の信用情報に基づいて、いくらまで貸すことができるのかを決めています。
そのため収入が低い方など返済のリスクが高いと判断されれば限度額は低めに設定されてしまうのです。
とくに利用期間が短い方は返済実績などが分からないため、金融機関側もこの利用者にいくらまで貸し付けることができるのか測りかねているところがあります。
そのためもしも限度額をさらに上げたいと考えるのであれば、返済実績などを積んで金融機関からの信頼を得たうえで増額申請をする必要がありるのです。

金融機関としても高額の貸し付けを行なったほうが高い利息を回収できるため、増額を行ないたくないというわけではありません。
確実に返済をしてくれると見込まれた場合には金融機関側から利用者に増額の案内が届くこともあります。
より確実に増額審査を通過したいという方は、金融機関側からの増額案内を待つという手もあります。

キャッシングを利用する際には厳正なる審査を行い、消費者金融と契約を結ぶことになりますが、様々な情報から業者が検討を行うことになります。また審査の結果によって、限度額なども違いが出てきます。借り入れ出来る金額は個人差があり、その範囲内の利用しか出来ないということになります。また消費者金融と銀行では借り入れが出来る最大の上限があり、これを総量規制と呼びます。

総量規制とは年収を基準に定められる上限で、年収の三分の1までしか、消費者金融からお金を借り入れすることは出来ない事になっています。これはどの消費者金融を利用する場合でも適用される事になりますが、銀行のキャッシングの場合は、総量規制は適用されません。年収の三分の一以上の利用が必要になる場合は、消費者金融ではなく銀行のキャッシングを利用するようにしましょう。

総量規制は上限がデメリットとも言えますが、借りすぎを未然に防ぐことにも繋がるので、借りすぎを心配する場合はあえて、消費者金融を選ぶのも良いのではないでしょうか。使いすぎて返済が難しくなってしまうと、生活にも支障が出る場合もあるので、十分に気をつけて利用することが大切ではないでしょうか。キャッシングやカードローンは無理なく利用することが大切なのです。

レイクは銀行のカードローンとして利用することができます。
そのため借りられる額は比較的高くなっていて、限度額を多くすることも簡単にできるのです。
キャッシングと違って、沢山貸してもいい会社となっているので、多く借りたいと思っているならレイクを利用する方法もあります。

利用するメリットとして、レイクは比較的審査が厳しくないことに加えて、銀行系のカードローンとして利用することができる点にあります。
銀行カードローンのよさをしっかり持っているのに、審査は普通の銀行系よりも厳しさがありません。
安心してカードローンの審査を受けられて、すぐに結果を出してくれるところもいいことであり、レイクは比較的利用されている会社でもあります。