月別: 2017年7月

アイフルはおまとめMAXとかりかえMAXの2種類のおまとめローンがあります。おまとめMAXは既にアイフルを利用した事がある人を対象にした商品でかりかえMAXはアイフルを初めて利用する人を対象にした商品になります。複数の消費者金融で借り入れをした時にアイフルのおまとめローンを利用する人が多いですが、注意点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこでアイフルのおまとめローンを利用する時の注意点を確認していきましょう。

・かりかえMAXは金利が高い

おまとめローンは通常のキャッシングをする時より金利が低く設定されています。アイフルのおまとめローンを見てみるとおまとめMAXを利用した時の金利は15%で通常のキャッシングをする時の18%より低いです。しかしかりかえMAXを利用した時の金利は17.5%なので高くなっています。初めて利用する人が対象で信用度がまだ足りないという事でこのような設定になっているので注意しましょう。

・返済方法は口座振替に限定される

通常のキャッシングをする時の返済方法はATM、銀行振込、口座振替などいろいろありますが、アイフルのおまとめローンを利用する時は返済方法が口座振替に限定されてしまいます。申し込みをする前にしっかり頭に入れておきましょう。

私は以前カード会社に勤務していました。

カード申し込みの審査や、即日融資の審査をする課に所属していました。

今回は「キャッシングの審査や利息」に関するお話です。

急な出費がありまとまったお金が必要になった場合、どうしてもキャッシングせざるを得ない時がありますよね。

しかし利息が高いイメージや「この人はお金に困っているのか」と見られたくない気持ちがあると思います。

審査をする際、その会社は他社と連携し、その人がどれくらいカードを使っているのか、支払い状況はどうなのかを見ることができます。

それはキャッシングだけでなく、ショッピングの金額も確認できます。

また、その方の勤務してる会社や年齢、既婚か未婚かなどを見て、貸付可能な額を割り出します。

最初は何も問題なければ、10~20万くらいは借りられると思います。

ご夫婦でキャッシングをされている場合、合わせていくら、というシステムもありますので確認が必要です。

返済に滞りがなく、大きな額を借りてもちゃんと返せる人だ、と認識されれば、その額を増やしてもらうことも可能です。

また、キャッシングをすると自動的にリボ払いになるところもあります。

月の返済額が一定になる代わりに、返済の初期はほぼ利息を払っていることになり、元金が減らないので注意が必要ですよ。

キャッシングとなると何か悪いことをしている気持ちになるかもしれませんが、服や車や家、宝石を買うときに分割払いをするのと基本は同じです。

きちんと期日までに支払うことができれば何の問題もありません。

しかし個人的な意見としては、借りられることに慣れてほしくはないなぁということです。

そして、「これは自分のお金ではなく、借りたお金だ」という意識を忘れないでいることが、返済に追われる生活にならない一番の秘訣ですよ!

カードローンの魅力は、フリーローンや目的別ローンと異なり、いつでも借り入れが可能なことや追加借り入れが可能ということです。フリーローンや目的別ローンの場合、金利が低く設定されている半面、自由に借り入れが出来ないデメリットがあります。ただし、しかしながらカードローンのメリットは前者の随時借入と追加借入が可能という点しかありません。そして、注意しなければならない点が約定返済額が最小限に抑えられているという点から返済期間が長期化し易くなるため、任意返済を適宜行う必要があります。

つまり、毎月の返済が銀行口座から引き落としといったことで安心し過ぎると気付いた時には返済額が高額になっている危険性があります。そのため、カードローンの返済を行う場合は、契約前に毎月どのくらいの現金を返済に充てられるかが重要になります。約定返済という返済方式は便利ではあるものの、大きな落とし穴にもなり得ます。カードローンは現代の高利貸しといった特徴があるため、借入中の返済計画も重要ですが、ローン商品の特徴をしっかりと捉えておく必要があります。金利の低さや審査の通過率だけに注視しないことがお得に借り入れをすることの重要なポイントになります。

最近注目されているおまとめローンは、複数のローンを一本化してひとつにまとめることができるローン商品です。複数のローンの総額を一括して返済できる額を借りられて、概ね金利も低くなるとあって、多重債務者にとっては願ってもない商品と言えます。ローンは、借入額が少ないほど金利が高く設定される傾向にあり一般的に、高い金利での複数社からの借入金をひとまとめにして低い金利で借りられるローンに組み替えられれば、借入限度額は上がるので、金利が低くなります。

総量規制の対象外という事もメリットで、2010年の改正貸金業法では、個人の借入総額が原則的に年収等の1/3までに制限されようになりました。おまとめローンは別で、顧客に一方的有利となる借換えという例外規定に該当するので、返済窓口の一本化で気分も晴れて、複数のローンを組んでいれば複数日に渡って返済日がやってきます。物理的に返済にかかる煩わしさや精神的な苦痛も感じますが、おまとめローンで1社にまとめることができるので、問題なく返済できます。返済額や金利、期間の交渉や調整が1社で済むので、返済計画が立てやすくなるというのも大きなメリットといえます。多重債務者には大きな魅力があるおまとめローンです。

キャッシングは、外国人でも利用することができます。ただし、審査を受ける際には必要になる書類もあるので、それを用意しておくとよいでしょう。

まず外国人が審査に申し込む際には、在留カードや特別永住者証明書が必要になってきます。外国人でも、旅行などで一時的に国内に滞在している人にはお金を貸すことができません。日本に定住しており、日常的な生活を送っていることが条件になってきます。

また、審査に申し込みする際には、働いていることも重要です。キャッシングを利用するからには返済を行う必要が出てきますが、そのためには勤務実態がないと審査に通ることができなくなるのです。外国人でも、日本人と同様に勤務先の確認は行われることになるので、勤務先の情報を正しく記載しておくとよいです。大手の企業に就職していたり、同じ企業に長く勤めていれば審査の際に有利になってくるため、お金を貸してもらえる可能性が高くなってきます。ただし、企業の名前の書き間違いには注意してください。

外国人は、日本人と同じように借入することはできるものの、そのために用意しないといけない書類も存在しています。申し込みする前には、書類を揃えておくように気を付けてみるとよいでしょう。

キャッシングの利用で損をしないためには、キャッシングの特徴をしっかりと知ることと、業者ごとによって違うサービス内容をしっかりと把握しておくことが大切になります。使い方によっては、自分のお金を銀行から引き出す事よりも、お得に利用することも可能になるので、どのように利用したら良いのかチェックしてみましょう。キャッシングをお得に利用するためには、まずは金利のチェックをしっかりと行うようにしましょう。ほとんどの消費者金融の金利を調べると、それほど差がないのが分かるのではないでしょうか。しかし銀行と比べた場合は、消費者金融の方が金利が高くなっている場合がほとんどです。

そこで銀行を利用した方が良いと考える方も多いですが、金利が高くなっている場合でも、条件によっては消費者金融を利用した方が良いケースがあります。それは消費者金融が展開している無利息キャンペーンなどがあるためです。無利息キャンペーンを利用することによって、金利なしでキャッシングを利用することが可能になります。これには条件がありますが、初めての利用に限る場合や、返済期間が1週間以内に限っている場合があります。業者によって条件も異なるので、事前に調べておく必要があるでしょう。このようなキャンペーンの情報収集をしっかりと行いましょう。