カテゴリー: 限度額

イザという時には、キャッシングというのが最近のカードローンの触れ込みです。
現金がどうしても必要な時には、とても便利な現金準備手段です。

一方で、借り入れ過ぎからくる自己破産が増加傾向にあることも事実です。
このようなことから、キャッシングについては、数年前から法的措置が図られ総量規制というものができました。

具体的には、借りる人の年収の3分の1以上を貸すことは。できないということです。
これは主に消費者金融系を対象にしています。

借り入れをするにも限度額が設けられるのですが、この時に総量規制により上限枠が決まってきます。
よく誤解されるのは、カードローンのコマーシャルでも利用額最大500万円という触れ込みがありますが、全ての人が利用できるわけではありません。

利用する前に審査が必ずありますが、この時に利用者の年収や過去の利用実績を見ながら返済可能額を設定するのです。
これは銀行系カードローンでも同じです。

銀行系は総量規制の対象にはなっていないのですが、やはり審査が入り利用額がきまってきます。
銀行で一般的な借り入れをするよりは手続きや審査は簡単ですか、限度額が設定されるので、前もってどの程度借り入れするかを計画的に考えることが重要になってきます。