カテゴリー: 銀行系

最高金利14%、限度額が最大1000万円というスペックのみずほ銀行カードローン。銀行カードローンの中でも借入条件が良いので利用したいと考えている人も多いでしょう。しかし必ず審査が可決されるわけではないのでしっかり準備しなければいけません。そこでみずほ銀行カードローンの審査基準を挙げていくので参考にしてみて下さい。

みずほ銀行カードローンは雇用形態に関しては特にありませんが、月1回以上の収入を得ている事は最低条件となっています。該当していないと審査が否決となってしまうので申し込みをする前に月1回以上の収入を得ておくようにしておきましょう。また他社からの借入件数が3件未満、勤続期間が3ヶ月以上など細かい条件もあるので注意しましょう。

消費者金融は基本的に上限金利が18%で設定されている事が多いですが、銀行カードローンは大きく異なっている事も多いですよね。低金利なので申し込んだけどよく確認したら高金利だったというケースも少なくありません。そこで銀行カードローンの金利の設定はどのような特徴があるのか紹介していきましょう。

大手銀行とネット銀行がカードローンのサービスを提供している事が多いです。大手銀行のカードローンは上限金利が14.5%前後で設定されているので消費者金融より低いです。しかしネット銀行のカードローンは12%から13%前後で設定されている事もあります。ネット銀行は無店舗型なので人件費などのコストを削減する事が出来ているのが大きな要因となっています。金利を重視したい場合はネット銀行のカードローンを利用した方がいいかもしれませんね。

カードローンを利用するなら、消費者金融ではなく、銀行のカードローンを利用したいと考える人は少なくありません。銀行の方が安心感があるし、金利が低いという実質的なメリットもあります。

銀行のカードローンの中でも人気があるのが三菱UFJ銀行のバンクイックです。バンクイックは、三菱UFJ銀行に口座が無くても申込めます。

最高金利は14.6%なので、大手消費者金融の18%より3%以上も低くなります。銀行のカードローンの中では審査がスピーディで、ATMコーナー横のテレビ窓口で申し込むと、最短で翌営業日に借り入れが可能になります。

デメリットとしては、三菱UFJ銀行に口座を持っていないと、振込キャッシングの利用ができない点です。バンクイックを利用するなら、口座を作っておいた方が便利です。口座開設は、WEBでの申し込みも可能です。

初めてキャッシングで、今までクレジットカードなどで延滞など事故情報がない安定した収入がある方は、なにをおいても銀行系のキャッシングローンがおすすめです。金利面でももちろんお得ですし、やはり安心です。

しかしながら他社でご利用中、または過去に遅延がある方には審査のハードルかま高いのも事実です。おすすめの順は大手都市銀行直系のカードローン、そして次は地方銀行、そしてCMで有名な大手消費者金融、そして中小消費者金融、最後にいわゆる街金と言われる地元密着型の消費者金融です。

そこまでです、違法金融業者には絶対に手を出してはいけません。なによりまず銀行系で借りれる信用のある方は安心です。審査に多少の時間はかかりますが早めに申込ましょう

消費者金融のキャッシングは誰でもお金を借りられるというイメージがありますが、実際にはそうではありません。消費者金融のキャッシングは総量規制の対象となっているため自分の収入がない無職の人は申し込みをすることができないからです。

総量規制では消費者金融等の貸金業者は消費者に対して融資できる金額は年収の三分の一までとなっているので、自分の収入がない人はキャッシングやクレジットカード等のサービスを利用することができないのです。ただし、銀行のカードローンは違います。銀行のカードローンは総量規制対象外となっているので、自分の収入がない人でも審査の結果次第ではありますがお金を借りることはできるようになっているのです。

銀行カードローンは、消費者金融に比べて、上限金利が低く、銀行というブランドから高く信頼されています。利用対象となる年齢も、満66際歳や68歳などなり、高齢者でも利用は可能です。しかし、対象年齢ではあるものの、収入条件から外れてしまい、新規借り入れが出来なくなるものも少なくはありません。

銀行カードローンの場合、年金は安定した収入と見做さないものがあるため、定年間際の方は利用対象条件に注意するのが重要です。もし、対象年齢上限までの利用を検討している方は、シニア雇用やアルバイトなどで収入を得るこることを検討する必要があります。

また、カードローンの契約先を変更しようとしても、年齢的に条件が厳しく、審査が通過出来ない可能性が高まるため、契約先の変更が生じ内容に慎重な検討がポイントです。