カテゴリー: 返済

アコムで借り入れをしていて、もし延滞してしまっても、あらかじめ連絡をしておけば問題はありません。

しかし、連絡せずに放置していた場合は、あちらから催促が来ることになります。

その催促は、以下の順序で行われます。

まず、「携帯に電話が来る」。

「返済がないようですが、何かトラブルがあったのでしょうか?」という感じの電話が来るので、少し遅れるが返済できそうなら期日を決め、もしその月は無理そうなら、利息だけを支払うなどの交渉を行いましょう。

次は、「自宅もしくは職場に電話が来る」。

携帯に電話がかかって来ても出なかった場合は、自宅もしくは職場に電話が来ることになります。

この場合、利用者のプライバシーに配慮して、担当者の個人名でかけて来ます。

基本的に、電話連絡の回数は、1日に3回までとなっていますが、本人が電話に出るまでは、毎日かかって来るので、なるべく早いうちに対応するべきです。

そして、「自宅に督促状が届く」。

自宅や職場への電話も無視していると、自宅にアコムからハガキが届けられます。

これは督促状であり、「支払期限を過ぎている旨」「すぐに返済する旨」などが記載されています。

これも無視していると差し押さえなどの可能性もあるので、返済が遅れそうな場合は、すぐに対応しましょう。

多くのキャッシングでは臨時返済を実施しており、お金に余裕がある時に返済を行えるようにしています。臨時返済は特に難しい方法ではなく、ATMなどを利用して簡単に実施することが可能です。これによって少しでも短期間で完済を目指せるようになり、支払う利息を少なくできるので魅力的な方法になっています。

また定期返済とは違い、義務化されている訳ではないので、臨時返済できなくても全然問題はないです。臨時返済できなくても金利が高くなったり、融資を受けた消費者金融から厳しい対応を受けるなどはないので、安心してもらいたいです。今も多くの人がキャッシングを利用しているのですが臨時返済をすることで、短期間での完済を目指している状況です。

キャッシングを利用するにあたっては、借り入れたお金をどのように返済していくかを事前に考えておくことが大事になってきます。キャッシングの場合、基本的には一括の返済ではなくリボルビング払いで月々一定の金額を返済していくことになるからです。

リボルビング払いでキャッシングを返済していく場合、借り入れた金額に応じて返済期間は変動しますが、数年単位での返済期間だと考えておくほうが無難です。リボルビング払いでのキャッシングの返済では月々の負担はそれほどではないと感じてしまいがちですが、返済を開始し始めてからしばらくたつまでは元金がなかなか減らずにヤキモキとしてしまうかもしれません。

また、キャッシングの返済を完了するまでにはかなりの時間を要してしまうので、返済期間中にどうしても返済に充てるだけのお金のめどがつかないといった事態になってしまうことも十分に想定できます。

万が一、返済に充てるだけのお金がないような場合にはどこからかさらにお金を借りてくるしかありませんが、最悪のケースでは複数の借金を作ってしまうことになってしまい悪循環の状況を生み出してしまう恐れもあります。そのため、キャッシングを利用するときには綿密な返済計画を立てておくことが重要です。

キャッシングをしていて、返済できなくなってしまった時は、どのようにしたらいいのでしょうか。たとえば銀行からお金を借りていて、月々返済していたのに、転職して収入が少なくなったような場合は、返済する気はあっても、実際問題としてお金が足りず、できなくなってしまうことがあります。

このような時には、キャッシングをした銀行に行き、返済方法を見直してもらうようにしましょう。無論、消費者金融でも同じです。とにかく何らかのアクションを取れば、先方も、この人は返済する意志はあるのだなとわかってくれます。

しかし返済方法見直しの相談もなく、しかも返済期日になっても入金がない、督促の電話や督促状が来るようになっても、何ら反応がない場合には、返済の遺志がないとみなされて、キャッシングをした先から裁判を起こされてしまいます。この場合は、一括返済となってしまいますので、できれば督促が来る前に、返済方法を見直すのがいいでしょう。

それでも返済できない時には、債務整理を考えてください。ただ、返済できないからすぐに債務整理というのも感心しません。ます、自分で努力して返済するようにして、それでもやはり難しいという時に限り、弁護士に債務整理を依頼するといいでしょう。

 キャッシングは、なるべく手数料が掛からないように上手に利用すれば、怖いものではありません。むしろ、支払利息よりATM手数料の方が高上がりになったりもします。特に、1万円などの少額融資であれば、金利15.0%で一カ月間借りても利息は123円済みます

 しかし、借入や返済する時は、ATM選びが大切になってきます。例えば、消費者金融のキャッシングを利用する場合は、専用・提携以外のATMを利用すば手数料が掛かってしまいます。

 しかも、借入と返済の往復する取引であるため、一往復の利用であっても、利息以上の手数料の出費が案外とバカになりません。仮にに借りるのは1回であっても、その元本返済に数回要すればその分だけ手数料がかかってしまいます。特に、返済に限ればATMによっては、分割払いの機能が無かったり、その上に手数料もかかるので、専用ATMを使い余計なコストを抑えるのです。

 なので、ATMを利用する時は、手数料が掛からない専用か無料提携ATMに留めるのがコツです。例えば、ATM手数料が100円と仮定して、往復30回利用すれば、6,000円もの手数料が掛かってしまいます。

 6,000円あれば、ちょっと良さげなレストランや焼き肉などにも行けるので、手数料の出費は案外とバカにならないです。また、同じ6,000円を生活費に充てれば、単身の場合だと、電気代と水道代など2種類の光熱費に相当しますので、いかに手数料が高いのか察せられるでしょう。

 以上の事から、返済する時もできるだけ手数料が掛からない手法を有効に活用すれば、別な経費に回せたり、キャッシングの返済などにも充てられますよ。