カテゴリー: 審査

親しい友達に頼まれて、漫画本などを貸すという人は多くいます。友達だからこそ貸すのであって、見ず知らずの相手には、普通は貸すことがありません。また親しくても、汚したり紛失したりといった過去がある友達には、貸さないことが一般的です。

このように貸し借りには、信頼関係が必要となっているのです。そしてそれは、キャッシングにおいても同様です。

金融機関は、名前も住んでいる場所も分からないような人に、いきなりお金を貸すことはありません。そのためキャッシングでは、まずは運転免許証やパスポートなどの本人確認書類を出すことになります。これらを提出することで、金融機関に自分のことを知ってもらうのです。

本人確認により住所氏名が明らかになれば、金融機関は次に信用情報について調べます。具体的には、キャッシングの利用履歴や、公共料金の支払い状況などです。こういった個々の信用情報は、データベース化されている上、各金融機関で共有されています。そのためそれを見れば、金銭面において信頼できる人物かどうかが、すぐにわかるのです。そして金融機関は、信頼できると判断した場合に、その度合いに応じた金額を貸し付けするのです。

このようにキャッシングでは、本人確認と信用情報とが非常に重要なのです。お金に困った時にすぐにキャッシングを利用するためには、日頃からこれらを問題のない状態にしておくことが大事です。

キャッシングの審査に通る為に絶対に必要なのはもちろん借入先となる金融業者の信用。金融業者としても、お金を返してくれるかどうか頼り無く不安な条件の人にはやはり貸したくは無く、それゆえその信頼度を幾つかのアプローチから入念に調べ、金融のゴーサインを出す訳です。

そのアプローチの中で、審査を申し込む側が最も注意しなければならない事項は、過去のローンやキャッシングの経歴がある場合、その返済がスムーズに行われたか否かという点でしょう。

返済が少しでも滞ったり、それが原因でトラブルに発展したりと入った事があれば、今回のキャッシング審査は極めて厳しいものとなってしまうでしょう。というのも、過去のこういった経歴は全て記録されており、金融業者が容易に調べ上げる事の出来るデータとなっているからです。

今後のキャッシングやローンの審査を無事通過しスムーズにお金を借りる為にも、最初から無理なキャッシングやローンは止め、全て予定通りに、かつトラブル無く返済を完了させる事を徹底させなければいけません。
もちろんこういったトラブルの大きな原因となる無収入や資金枯渇を防ぐ為にも、安定した職業に就き収入を得るという大前提を忘れてはなりませんし、それ自体が審査に通る重要な条件ともなってくるのです。

消費者金融や銀行カードローンで借り入れを行なう場合には本人確認が必須になります。

金融機関側は利用者の申し込み情報と提出された本人確認書類などで審査を行ない、その利用者に返済能力があるかどうかを判断することになります。

お金を貸すわけですから本人であることの確認が必要なことは言うまでもありませんが、本人確認と聞くと役所などの手続きのように自分がどこかへ出向き担当者に免許証などの本人確認書類を直接提出する必要があるように感じる方もいるかもしれません。

しかし最近では金融機関側も多くの利用者を集めるためのさまざまな工夫を凝らしており、実際にはそのような手間をかけなくても本人確認をその場で完了させることも可能です。

金融機関にもよりますが消費者金融大手などでは本人確認をスマホの機能を使ってサイトへ送信することで完了させることができるためです。

パソコンで写真を取り込んでも同様に完了させることができるので、このサービスを利用することでどこかへ出向く必要もなくその場にいながら本人確認書類の提出を完了させることができるのです。

キャッシングのサービスは飛躍的に進歩し、振込キャッシングなどスマホの操作だけで口座へ振り込めるサービスも登場していることから、その場から動くことなくキャッシングをすることも可能な時代になってきています。

多重債務者を無くすという目的で、2010年に施行された改正化資金業法。消費者がお金を借り過ぎる事を防ぐための総量規制なのですが、これはお金を借りる際の限度額を年収の3分の1までとする規制となっています。この規制は以前だったら消費者金融に限られ、銀行などのカードローンは適用外だったのですが、自己破産者の増加という問題もあり、現在では銀行も自主規制を行なっています。

要するに消費者金融であっても銀行であっても年収の3分の1までしか借りられなくなってしまった訳です。ただし総量規制には例外があります。貸金業法によりますと、顧客に一方的に有利な借り換えであれば、その総量規制の対象外という扱いになるという事です。

要するにおまとめローンなどは顧客に一方的に有利だと判断されるので、このサービスは銀行のみならず、消費者金融でも利用する事が可能なのです。

銀行系のカードローンは基本的に審査通過率はかなり低いのではないかという風に言われています。

では、審査の通過率はどれくらいなのか?といわれると、通過率に関しては基本的に公開している銀行というのはほぼないといっていいでしょう。

実際にどれくらいか?という予測くらいはできるのだろうか?と思いますが、比較するとなればやはり消費者金融の審査通過率を参考にするのがいいでしょう。

大手消費者金融はおおよそ4割台の推移で審査通過率が設定されています。 ですので半分よりもちょっと少ないくらいの数値で審査通過が決まる計算です。

消費者金融よりも辛めの数字となると、銀行系カードローンはここから数割は低いと考えればいいと思います。

お金の融資を受ける為には審査を通過しなくてはいけません。消費者金融の審査を通過することによって、利用限度額を設定してもらうことができ、一定額のお金を借りる事ができます。審査のポイントでまず重要なのは、収入部分で一時的な収入ではなく、安定した収入が必要です。

会社員や公務員といった他の職業よりも安定した収入を確保しやすい職業に携わっている方は、審査を通過しやすいです。次に勤務期間や個人の信用情報などをチェックしていき、問題なければ審査を通過できる可能性が高まります。長い間仕事をしている方や信用情報に問題が無い方は、利用限度額を高めに設定してもらいやすいです。このような特徴を持っているので、まずは安定した収入を確保することが第一になります。

どの会社に関わらず、キャッシングの審査を受けるときに必要とされているのが、「本人確認書類」です。とはいっても、一体どんな書類を出せばよいのか具体的に知りたい人も多いでしょう。

キャッシングの審査時には、「運転免許証」があれば最も良いとされています。顔写真付なので効力も高いですし、多くの人が持っているので提出しやすいですよね。もし運転免許証がない場合には、健康保険証だったり、パスポートでも良いとされています。ただ、どの書類も有効期限がありますから、期限内のものを提出する必要があります。そこは注意しましょう。

では、もしそれらの書類がないときにはどうすれば良いか。「会社に聞くのが好ましい」ですね。会社によっては、代替え書類を用意していますから、どんな書類があるのか直接問い合わせをした方が良いでしょう。