カテゴリー: 審査

お金の融資を受ける為には審査を通過しなくてはいけません。消費者金融の審査を通過することによって、利用限度額を設定してもらうことができ、一定額のお金を借りる事ができます。審査のポイントでまず重要なのは、収入部分で一時的な収入ではなく、安定した収入が必要です。

会社員や公務員といった他の職業よりも安定した収入を確保しやすい職業に携わっている方は、審査を通過しやすいです。次に勤務期間や個人の信用情報などをチェックしていき、問題なければ審査を通過できる可能性が高まります。長い間仕事をしている方や信用情報に問題が無い方は、利用限度額を高めに設定してもらいやすいです。このような特徴を持っているので、まずは安定した収入を確保することが第一になります。

どの会社に関わらず、キャッシングの審査を受けるときに必要とされているのが、「本人確認書類」です。とはいっても、一体どんな書類を出せばよいのか具体的に知りたい人も多いでしょう。

キャッシングの審査時には、「運転免許証」があれば最も良いとされています。顔写真付なので効力も高いですし、多くの人が持っているので提出しやすいですよね。もし運転免許証がない場合には、健康保険証だったり、パスポートでも良いとされています。ただ、どの書類も有効期限がありますから、期限内のものを提出する必要があります。そこは注意しましょう。

では、もしそれらの書類がないときにはどうすれば良いか。「会社に聞くのが好ましい」ですね。会社によっては、代替え書類を用意していますから、どんな書類があるのか直接問い合わせをした方が良いでしょう。

職業柄どうしても不安定な収入だったり、雇用形態が不安定なものであるとどうしても借り入れというのは難しいのかな?

と考えてしまうでしょうが、今の世の中なら大手の消費者金融でもお金を借入することはできます。

借り入れできる条件を見ていても、お金を借り入れできるという条件は書かれており、職業柄不安定でもお金を借入できます。

しっかりと年収が把握できるものや、安定した収入さえ手に入れていることを証明できていれば、不安定な部分があったとしても借り入れは可能です。

自分には信用がないというような面があるときには、中小企業とか借り入れ条件が悪いところではなくてもいいところを選んでまずはお金を借りていくといいでしょう。

消費者金融は銀行カードローンに比べて審査が通りやすいという声をよく聞きます。それで確実にお金を借りたい時は消費者金融にキャッシングの申し込みをしますが、誰でも通るわけではないので注意しなければいけません。そこで消費者金融の審査基準がどのようになっているのか確認していきましょう。

・毎月収入が発生しているのが絶対条件

消費者金融は申込資格に安定した収入を得ている人という項目があります。それで年収が高ければ審査に落ちる事はないと考えてしまう人もいますが、落ちる事もあるので注意が必要です。消費者金融の審査では安定した収入を得ているのは毎月収入が発生している点を意味しています。それで年収が高くても毎月収入が発生していないとすぐに無収入になってしまうのではないかと思われてしまいます。それで審査に落ちてしまうので消費者金融でキャッシングをする時は毎月収入を得ておくようにしましょう。

・他社からの借入件数が3件以下で信用情報も問題なし

消費者金融の審査では信用情報機関にアクセスして他社からの借入状況を確認します。それで他社からの借入件数が3件以下でしかも滞納などの金融事故の履歴がないと審査が通ります。毎月収入が発生している以外でも審査基準になっている点があるのでしっかり覚えておきましょう。