カテゴリー: 即日

一般的に、銀行の窓口の営業時間は9時から15時となっており、土曜・日曜・祝日は営業時間外です。もちろんATMコーナーを利用することは可能ですが、キャッシュカードを持っていない場合にお金が必要になった場合は、窓口で手続きをしなくてはなりません。

しかし、土曜・日曜・祝日や夜間に、急にお金が必要になることだってありますよね。

そんなときに便利なのが、消費者金融での即日融資です。なぜなら即日融資を申し込み、審査が完了し必要手続きを済ませれば、平日の夜間や土曜・日曜・祝日であっても、お金を用意することができるからです。

銀行窓口が営業時間外の場合、とりいそぎ消費者金融の即日融資を利用し、すぐに返済するという使い方もできます。賢く便利に使って行きたいものですね!

キャッシングをするときって、本当に今すぐにでもお金が必要でギリギリに切羽詰まった時だと思うんです。

そんなとき、今はインターネットでも申し込むことができますがそれでカードが郵送されるまでに二週間?かかったり、郵送の審査などではそれ以上かかってしまいます。

例えば、インターネットでの申し込みであっても『即日融資可能』と宣伝している金融会社は、その日に全額ではなくても借入可能額の中からその日に自分の口座に振り込んでくれるサービスです。

自動契約機だとさらに話は早くなり、その場でカード発行と借入ができるようになっています。

ですが、人目も気になるでしょうし自動契約機まで行ってる時間が無い方でしたら、申し込むのだけはインターネットで申し込み、電話できる時間帯を指定すればちょっとの時間で済みますし審査が通ればその日に口座に振り込んでもらえるのであとは銀行でおろすだけ。

ただし、申込む時間によっては銀行が閉まってしまうためその日に届かない場合があるので注意してください。

消費者金融には基本的に平日や休日の区別がないので、土日や祝日でも申込みが行えるのはもちろん、即日融資を受けることもできます。しかし、休日の場合、審査の中で行われる在籍確認がネックとなることが多いと言えます。

この在籍確認では申込みをした人の職場まで電話を掛けて本当に在籍していることを確認しますが、休日では職場が休みのことが多く、これが行えない為に審査が終了せずに翌日以降に持ち越しになってしまい、即日融資は受けられないことがあります。

そのような職場が休みの日に即日融資を受けたい場合にはどうしたらいいのかと言えば、できる限り希望金額を少なくして申込みを行ってください。キャッシングの限度額は最低10万円からなので、できればその10万円での申込みが一番です。10万円の限度額の審査であれば、在籍確認を行わずにそのまま終了することも多いのです。

アイフルには限度額が10万円固定で女性専用の”SuLaLi”という契約がありますが、このSaLaLiには在籍確認というもの自体がありません。最大でも10万円しか借りることができない契約の為、在籍確認は行わなくても問題ないと考えているからです。

よって、休日に即日融資を受けたい場合には10万円での申込みをおすすめします。その為に10万円で契約してしまっても、明らかに即日融資の為だった場合には後から限度額の増額の相談に乗ってもらえるので安心してください。