カテゴリー: 即日

急にお金が必要になり、即日キャッシング出来るかどうかと困った時ありませんか?
現在多数の金融サービスが即日キャッシング可能になっています。

それはネット申し込みが増えたり、コンビニ銀行も出来たからという背景があります。
実際に即日キャッシング出来る金融サービスをいくつかご紹介します。

まずはプロミスです。
プロミスでは最短1時間で融資可能といわれています。

大手なので安心感もあり、金利も低く30日間無利息サービスがあるのも魅力です。
スマホやインターネットから申し込み出来るのでお店に行かなくても手続きを終え、プロミスの自動契約機や三井住友銀行のローン契約機ですぐに融資してもらえます。

他にもアコムも大手で即日キャッシングが可能です。
アコムもインターネットで申し込み後に、むじんくんという自動契約機でカードを受け取れば即日借り入れ可能になります。

また新生銀行グループのキャッシングであるレイクも有名ではないでしょうか。
こちらは少し審査が厳しくなりますが、審査を通れば即日キャッシング出来ます。

このように即日キャッシングは今では簡単に出来るようになっているので、急に困っても安心です。
スマホからも契約できればどこにいてもすぐに契約することが出来ます。

銀行系カードローンにおいては、一部ではありますが、即日融資に対応してくれるという銀行もあったりしており、

消費者金融に対抗して一生懸命お金を貸していこうというし精を出している部分もありました。

しかし、2017年になってから、銀行系カードローンにおけるお金の借りすぎが問題になってきたことからその動きに規制をかけようということが提唱されました。

それと同時に、スピード融資というのは反社会的勢力に対してもお金を貸しやすいという点も浮き彫りになってきたので、その対策の重要であるという認識にもなってきました。。

そういった事情を踏まえて、業界側では自主規制という形で2017年9月ごろに2018年から即日融資というのをやめるようになってきているというわけなのです。

お金の貸しすぎにつながるスピード融資の抑制という点や、反社会勢力かどうかによる調査時間がどうしても時間がかかるので即日融資を抑制しようとする

とした業界側の改善を図ったというわけです。

これからスピーディーにお金を借入するときには、消費者金融が専売特許になっていくのだろうということが改めて認識されることになると思われます。

お金を借入するのにも業界側も色々な対応の句量があるというわけなのです。

自営業なのですがどうしても設備投資用の資金が足りなくなり、キャッシングを利用しました。

民間の消費者金融を選んだのはすでに地元の信用金庫で中小企業向けのビシネスローンを組んでおり、これ以上公的なローン増やすのは次に融資などを受ける時に不利になると思ったからです。

銀行の融資やビシネスローンなどは他社からの借り入れや過去に延滞があろうがなかろうが審査にかなりの日数をかけられてしまいますが、民間のキャッシングは審査がスピーディーなので即日現金が振り込まれました。

プライバシーも守られるので取引先やご近所さんに知られることなくキャッシングでき、短期間で返済したので利息もそこまで高額になりませんでした。

経営もうまくいったので、困った時はまた利用しようと思っています。

急に資金が必要になったときに、即日融資が受けられるとうれしいですね。

確実に即日融資を受けるために、注意点をあげてみました。

・消費者金融を選択すること

銀行カードローンは、若干金利が低いなどのメリットはありますが、現在即日融資には対応できなくなりました。

ですから、消費者金融会社で申し込みをしましょう。

・大手業者を選択すること

即日融資を受けるためには、申し込み締め切り時間がを考慮する必要があります。

大手なら、Web完結・スマホ完結に対応しているところがほとんどですが、時間帯によっては自動契約機まで行く必要が出てきます。

やはり、店舗数や契約機の多い大手業者が安心・便利です。

・本人確認の準備をする

本人確認書類はアップロードで済む場合でも、鮮明な写真であるか気をつけたり、写真付きの証明書がない場合は何が必要なのか確認しておきましょう。

また、在籍確認の電話に確実に出られるようにしておくことが大切です。

即日融資可能となっているキャッシングでも、振込という形を利用する場合は、その日のうちに現金を受け取れない可能性があります。振込対応可能な時間は金融機関によって異なりますが、一般的な銀行の場合は14時を過ぎると翌営業日の営業時間以降にならないと、振込ができない状態となる可能性が高くなります。そのため、振込という形で即日融資を受ける場合は、早い時間に手続きを完了させることが大切です。

14時までに審査を終わらせることが難しいと考えるのであれば、ATMで使えるカードをその場で受け取れる店頭や自動契約機まで足を運ぶ方が良いでしょう。カードを受け取ることができれば、提携ATMやコンビニATMを使っていつでも必要な現金を借入できるようになります。

一般的に、銀行の窓口の営業時間は9時から15時となっており、土曜・日曜・祝日は営業時間外です。もちろんATMコーナーを利用することは可能ですが、キャッシュカードを持っていない場合にお金が必要になった場合は、窓口で手続きをしなくてはなりません。

しかし、土曜・日曜・祝日や夜間に、急にお金が必要になることだってありますよね。

そんなときに便利なのが、消費者金融での即日融資です。なぜなら即日融資を申し込み、審査が完了し必要手続きを済ませれば、平日の夜間や土曜・日曜・祝日であっても、お金を用意することができるからです。

銀行窓口が営業時間外の場合、とりいそぎ消費者金融の即日融資を利用し、すぐに返済するという使い方もできます。賢く便利に使って行きたいものですね!

キャッシングをするときって、本当に今すぐにでもお金が必要でギリギリに切羽詰まった時だと思うんです。

そんなとき、今はインターネットでも申し込むことができますがそれでカードが郵送されるまでに二週間?かかったり、郵送の審査などではそれ以上かかってしまいます。

例えば、インターネットでの申し込みであっても『即日融資可能』と宣伝している金融会社は、その日に全額ではなくても借入可能額の中からその日に自分の口座に振り込んでくれるサービスです。

自動契約機だとさらに話は早くなり、その場でカード発行と借入ができるようになっています。

ですが、人目も気になるでしょうし自動契約機まで行ってる時間が無い方でしたら、申し込むのだけはインターネットで申し込み、電話できる時間帯を指定すればちょっとの時間で済みますし審査が通ればその日に口座に振り込んでもらえるのであとは銀行でおろすだけ。

ただし、申込む時間によっては銀行が閉まってしまうためその日に届かない場合があるので注意してください。