カテゴリー: キャッシングの知識

低金利のカードローンは銀行カードローンというイメージがありますが、実は信販会社が提供するカードローンも意外と低金利で穴場とも言えます。ちなみに信販会社とはいわゆるクレジットカード会社のことで、例えばJCBカードでお馴染みのJCBが提供する「JCBカードローンフェイス」が低金利でオススメです。

ちなみに基本スペックは融資限度額が50万円~500万円(但し50万円以下となる場合もあり)、金利は年4.4~12.5%です。上限金利が一般的な銀行カードローンよりも2%程低い代わりに、20歳以上58歳の正社員の方しか申し込めません。なお1回払いで返済したら、金利は年5%となります。

なお審査回答は最短即日でもらえますが、カードが届くまでには最短3営業日かかります。実際はもう少しかかる可能性が高いので、借入まで1週間ほどかかっても構わない方にオススメのカードローンとなります。

インターネットを検索すると様々なキャッシング情報を得ることが出来ます。検索サイトの広告バーナーで紹介されることも少なくはありません。しかしながら、これらのサイトには、情報に信憑性がなかったり、古い情報が掲載されたままなどの問題があり、信用するのには注意が必要です。

そのため、比較サイトや紹介サイトの場合、運営会社がしっかりと明記されていることを注意するのがポイントです。例えば、サイト運営会社が株式会社の場合、サイトのメンテナンスや掲載情報のチェックが行われます。その結果、信憑性の低い、もしくは誤った情報は除外されるため、安心して利用可能です。

特に中小消費者金融の場合は、個人サイトの情報だけ信用せず、メリットだけを参考にしないことが重要です。

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックと楽天銀行スーパーローンは大手銀行とネット銀行のカードローンの中で特に人気となっています。それでどちらを利用すればいいのか悩んでしまう人も少なくありません。そこで三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックと楽天銀行スーパーローンのどちらを選べばいいのか見ていく事にしましょう。

楽天銀行スーパーローンは審査回答に数日かかるので即日融資を受けるのは難しいですが、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは銀行内に設置されているテレビ窓口で申し込みをすると審査が即日回答されるので即日融資を受ける事が可能です。それで早くお金を借りたい時は三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックを選んだ方がいいです。しかし三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは申し込みをする時に来店しなければいけないのでネットキャッシングをしたい時はWEB完結が可能な楽天銀行スーパーローンを選んだ方がいいです。

キャッシングの返済対策として「借り換えを検討する方法」があります。ひとつは「金利の低い業者に借り換える方法」ともうひとつは「月々の支払いを軽減させるための方法」です。

金利の低い業者に借り換える方法とは、キャッシングの利息というのは返済期間が長くなるほど大きくなります。そんな時に低金利のキャッシングに借り換えることはおすすめです。借り換えのタイミングで、ローン返済が厳しくなったからというタイミングで借り換えを考える人がいていますが、厳しくなるということは毎月の返済が厳しくなっているということは元金を返済するのにも大変なはずです。こうした状態の時に金利が数%下げても返済額や返済総額に大きな変わりはありません。なので、返済が厳しくなる前に早めに低金利のキャッシングを見つけたら借り換えておくことが必要です。

もうひとつの方法、月々の支払いを軽減させることができるとは、複数から借り入れした借金を一本化して1つの業者に借り入れすることにより、借り入れ額が大きくなりますので自然と金利が低くなります。しかも、複数へ何千円から何万円と返済していたのが、一社になることにより何万円もしくは何千円だけでよくなり、月々の支払いを軽減させることができます。こちらも金利の低い業者を選ぶのと同じで返済が厳しくなる前に早めの判断する方が良いでしょう。

消費者金融などのノンバンクを利用していると、どうしても銀行カードローンより金利の面では不利なことがほとんどです。そこで、銀行カードローンに借り換えをしたいと思った場合には、銀行の決算月に合わせたタイミングで行うことをおすすめします。

銀行カードローンはノンバンクより審査が厳しいと言われており、これは業界紙に公開されている数字からも明らかですが、この決算月においては他の時期より審査の通過率が高いという傾向があります。これはもちろん銀行側が決算に合わせて営業に力を入れているからに他なりません。

銀行は預金者から集めたお金を貸し出して利益を得ています。その貸し出しこそが営業であり、カードローンも当然それに含まれます。

つまり、銀行の決算月に当たる3月や9月が借り換えのタイミングの狙い目となる訳です。3月は1年間の決算になるので一番おすすめですが、そこまで待てない場合でも9月が中間決算なので、他の月より審査に通りやすいと思われます。

更に、12月も年末の営業に力の入る時期なので、3月や9月の次に狙い目だと言っていいでしょう。このように、普段が厳しい銀行カードローンの審査も、決算月を狙うことで少しでも審査の通過率を上げることができるのです。

アコムを利用している際、限度額は覚えていても、金利がいくらかというのは意外と忘れがちです。

アコムの金利は3~18%の間で設定されていますが、今いくらかというのをチェックする方法は、以下の二つです。

一つ目は、「会員サイトを使う」。

会員サイトにログインし、「明細の確認」→「月を選択」→「貸付明細書」→「契約内容」まで進んだら「貸付利率」を見ることで、金利がチェックできます。

サイト上では「年率」と書かれていますが、金利と同じ意味です。

二つ目は、「電話で尋ねる」。

「アコム総合カードローンデスク」に電話をかけるとオペレーターが出るので、金利を知りたい旨を伝えれば、教えてくれます。

そして、当然ながら金利は低いに越したことはないのですが、以下の方法を使うことで、下げられる可能性があります。

一つ目は、「増額を申請する」。

増額すると、基本的に金利は下がります。

ただし、審査に通る必要があります。

二つ目は、「直接交渉する」。

アコム総合カードローンデスクに、直接金利を下げてほしい旨を伝えてみましょう。

三つ目は、「優良顧客になる」。

ある程度アコムを利用していると、向こうから金利の引き下げについて提案して来ることがあります。

むろん、それは誰にでもというわけではないので、遅延などがない優良顧客になっておく必要があります。

キャッシングをする時には借り換えを考える人もいたりするわけですがどうしてそんなことをするのかといえば当たり前ですが金利が下がるからです。借り換えタイミングとは要するに金利が安くなる時というのが大前提となるわけですが、キャッシングの場合はそんなに高い金額を借りていないということもありますのでそうした手間をかけるくらいであれば早めに返済してしまった方が手っ取り早いというパターンもあります。

しかし、かなりの金額を借りている場合においてはやはり借り換えた方が良いということがありますし、まとめることなどにも利点があったりしますから、これは知っておきましょう。手間はかかりますが、メリットがあるのであればやるべきです。