カテゴリー: キャッシングの知識

出産後、今までと同じ正社員で働くことが条件的に厳しかったので、パートで働くことにしたのですが、2人目出産後、家族が増えたことで出費も増え、パートの給料では夫と2人合わせても生活するにあたって不足する部分が増え、子供二人も病気がちで正社員として働くには無理があったので子供たちが成長するまではローンに頼ろうと思ったのが利用に至った経緯です。

助かった部分はカードローンを利用したことで、きつかった生活が安定してきたことです。カードローンのおかげで家族が増えた分の出費がカバーされすごく助かってます。
パートということもあって限度額が低いことで、なかなかその中でやりくりすることが難しく借りては返しを繰り返しています。
困った部分は、生活費とは別の突然の出費(結婚式など)で返済額が増え、返せず返済日日が遅れたりすると更に返済金額が増えてしまうことです。ローンは金利も高いので痛い部分があります。

パートなど正社員でない場合、借りられるところも限られてきます。その中で良い条件だけを見るのではなく、金利を比較するのはもちろん返済のシュミレーションをしっかり立てることや、返済日が遅れた時などの返済額なども把握することが大事になってきます。

学生でも何かと物入なことが多くて、アルバイトの給料日までにどうしてもお金が足らない、親からの仕送りがあるまでにお金が足らなくなった、などなどの経験をした事は一度くらいあると思います。

そんな時に友人にお金を借りたりするのは気が引けたり、そもそもお金など貸してくれる友人など居ないと言う方も少なくないと思います。

では、実際にお金ないと生活が出来ない、学校やバイト先へ行く交通費もない!などのピンチの時はどうすれば良いのでしょう?

そんな時に最も便利なのが、一時的にお金を借りるキャッシングです。

学生でもキャッシングなんで出来るの?と、不安に思っている方も少なくないと思いますが、一定の条件をクリアしていれば、学生も問題なくキャッシングできるのです。

まず、お金をキャッシングする場所は学生専門と唄っていたり、学生ローンOKとなっている金融機関が良いでしょう。

次に年齢が20歳以上ある事である。そして次にアルバイトなどで一定の収入がある事。アルバイトでも一箇所での勤続年数が長いと有利だと言われています。

そして、身分証明証がある事(パスポート、運転免許書、保険証など)です。

パソコンから借り入れ申し込みをして、審査に通れば即日または翌日にもキャッシングをする事が可能です。

あくまで、返済が出来る範囲での借り入れです。

学生キャッシングが出来れば、金欠の大ピンチの難なく乗り切ることができるでしょう。

キャッシングの申し込みでは、原則として仕事をされている方で、毎月安定した収入を得ていることが借り入れの条件となりますので、仕事をしていなくて収入源がない方は、キャッシングを利用することができません。

また、キャッシングなども同様に、申し込みを行う本人が仕事をしていること、一定の収入があることが融資を受ける際の条件となります。ただ、ごく一部のキャッシングでは、専業主婦の方でも申し込みができるものがあります。

ですが、専業主婦の方がキャッシングの利用をする際には、利用限度額が10万円まで、あるいは30万円までというように、利用できる金額が制限されることがあります。キャッシングの申し込みでは、申し込みを行った本人の収入を元に、融資が可能かどうかを判断することとなりますので、仮にご主人に安定した収入があるという専業主婦の方でも、キャッシングの融資を受けるのは非常に難しいです。

キャッシングにも返済の対策として借り換えを検討する方法があります。

借り換えタイミングとして考えられるのが、将来の返済を考えるために金利の低い業者へと乗り換える方法。

もう一つが月々の支払いを軽減するために月ごとの返済額が低く抑えられる業者に乗り換える方法です。

まず、金利の低い業者へと乗り換える方法についてですが、

返済期間が長くなるほど利息の割合が大きくなります。

例えば金利の年率18%で借り入れたという場合、単純計算で1ヶ月で約1500円の利子を払わなくてはなりません。

一方で年率14.5%で借り入れると1ヶ月で約1200円程度の利子で済みます。

これが1年となると利子の支払額に開きが生じますし、それ以上の返済期間であればなおさらです。

通常の消費者金融であれば18%の年率という業者が多いですが、楽天ローンなどは14.5%の年率ですので借り換えとしては有効であることがわかります。

続いて月々の支払い軽減での乗り換えについてです。

例えば10万円をみずほ銀行カードローンで借りたとして、月々の返済額は1万円。

しかし、アコムの場合は月々の返済額は3000円とその差は7000円にもなります。

借り換えをすることでかなりの効果が期待できるのは確実でしょう。

とは言え金利も違えば総返済額も変わってくるため、直近で考えると有効ですが、長期で考えると必ずしも良い方法とは断言できません。

キャッシングの借り換えは以上のことを念頭に置いて、あなたにとってより良い方法を選択しましょう。

大学生や大学院生は学年が上がりますと、様々な付き合いが増えてきますので急な出費が発生しがちです。アルバイトをしていても給料日まではお金が入ってこないといった状況になる事は多々ありますので、何らかの手段で資金を確保する必要性があります。近年では、消費者金融会社がキャッシングで即日融資が出来るようにしていますので、これを活用すれば、多くの場面で発生する急な出費に対応する事が出来るでしょう。

キャッシングは学生でも使えますが、満20歳以上である事、アルバイトなどで定期的に収入がある事が審査を通過する上で重要なポイントとなります。学生の場合、長期アルバイトをしていれば、この利用条件をクリアし易いですので、アルバイトをしているのであれば、キャッシングの申込みをしてみると良いでしょう。

キャッシングの申込みは、スマートフォンやパソコンから公式サイトで申込みを行うWeb申込みを利用すれば、店舗や無人契約機まで足を運ぶ必要が無く、安心して申し込めます。申込みの際には運転免許証などの本人が申し込んだという証明が出来る書類が必要になりますので、事前に用意しておくとスムーズにキャッシングの申込みをする事が出来るでしょう。

働き方が多様化している近年、大手の消費者金融ではアルバイトも対象とするところがほとんどになってきました。安定した正社員だけがキャッシングをできる時代はもう終わっています。では審査に通るアルバイトの方は、どのような人なのでしょうか。

一番は、安定して収入がある人です。もちろんそれなりの収入がある方が好ましいです。年単位で同じ職場で働いていて、それなりに稼いでいる。そういう方なら、特に信用情報が悪くない限り審査に通る可能性は高くなっていきます。そもそもキャッシングの審査は収入や働き方だけを審査されるのではありません。そのため、アルバイトでも安定して収入を得ている方なら問題はありませんよ。

ただし、会社によってはアルバイトはなるべく通さないという会社もありますので、事前にしっかり口コミをチェックしておきましょう。

私は去年、初めてキャッシングを利用したことがあります。元々不安があっての利用をしたのですが、そのキャッシングを利用するにあたり私が困ったことを1つだけお話ししたいと思います。

1つ目は職場に在籍確認と言うものが必要であると言うことです。実際に事前の申し込みの際に提出をした職場の電話番号にかけてくると言うものなのですが、周りにバレてしまうのではないかととても心配でした。個人名で電話をかけてくると言うことでしたので周りに悟られると言うことはありませんでしたが、出来れば行ってほしくないことでした。

その他は特に困ることや不安なことはなくキャッシングを行うことが出来ました。もしこの先キャッシングを受けられるようでしたら在籍確認の電話には注意が必要です。