実は総量規制には例外があるんです。

実は総量規制には例外があるんです。

多重債務者を無くすという目的で、2010年に施行された改正化資金業法。消費者がお金を借り過ぎる事を防ぐための総量規制なのですが、これはお金を借りる際の限度額を年収の3分の1までとする規制となっています。この規制は以前だったら消費者金融に限られ、銀行などのカードローンは適用外だったのですが、自己破産者の増加という問題もあり、現在では銀行も自主規制を行なっています。

要するに消費者金融であっても銀行であっても年収の3分の1までしか借りられなくなってしまった訳です。ただし総量規制には例外があります。貸金業法によりますと、顧客に一方的に有利な借り換えであれば、その総量規制の対象外という扱いになるという事です。

要するにおまとめローンなどは顧客に一方的に有利だと判断されるので、このサービスは銀行のみならず、消費者金融でも利用する事が可能なのです。