銀行のカードローンのメリットとデメリットについて

銀行のカードローンのメリットとデメリットについて

初めてのカードローン利用では、消費者金融よりも銀行の方が安心、と考える人が多いようです。

銀行のカードローンのメリットは、金利の低さです。大手消費者金融のカードローンの金利は約18%。銀行は約14%です。10万円を1年間借りた場合、利息に4000円の開きが出てきます。また、多くの銀行では、提携銀行やコンビニのATMが無料で使えるようになっているというメリットもあります。

一方で、銀行のカードローンは、即日融資に対応していないというデメリットがあります。審査もやや厳しめで、消費者金融と比べるとスピードが遅くなる傾向があります。急いで借りたい場合は、消費者金融の方が便利なのです。

借り入れを急がない人、完済までに時間がかかりそうな人は金利の低い銀行のカードローン、とにかく急いで借りたい人は消費者金融がオススメです。