カードローンを利用するなら、消費者金融ではなく、銀行のカードローンを利用したいと考える人は少なくありません。銀行の方が安心感があるし、金利が低いという実質的なメリットもあります。

銀行のカードローンの中でも人気があるのが三菱UFJ銀行のバンクイックです。バンクイックは、三菱UFJ銀行に口座が無くても申込めます。

最高金利は14.6%なので、大手消費者金融の18%より3%以上も低くなります。銀行のカードローンの中では審査がスピーディで、ATMコーナー横のテレビ窓口で申し込むと、最短で翌営業日に借り入れが可能になります。

デメリットとしては、三菱UFJ銀行に口座を持っていないと、振込キャッシングの利用ができない点です。バンクイックを利用するなら、口座を作っておいた方が便利です。口座開設は、WEBでの申し込みも可能です。

私は去年、初めてキャッシングを利用したことがあります。元々不安があっての利用をしたのですが、そのキャッシングを利用するにあたり私が困ったことを1つだけお話ししたいと思います。

1つ目は職場に在籍確認と言うものが必要であると言うことです。実際に事前の申し込みの際に提出をした職場の電話番号にかけてくると言うものなのですが、周りにバレてしまうのではないかととても心配でした。個人名で電話をかけてくると言うことでしたので周りに悟られると言うことはありませんでしたが、出来れば行ってほしくないことでした。

その他は特に困ることや不安なことはなくキャッシングを行うことが出来ました。もしこの先キャッシングを受けられるようでしたら在籍確認の電話には注意が必要です。

初めてのキャッシングはしっかり比較することをおすすめします。もちろん時間が無いとかで急いで決めなければならない場合もあるでしょうが、時間があるならしっかり検討するようにしましょう。

初めてキャッシングを利用する場合、その時だけで終わるのか今後しばらく利用することになるのかでまた状況が変わってきますよね。例えば、数万円をお給料日までちょっと借りたいという場合と、大きく借りて毎月返済する場合。それぞれ得意とするキャッシング会社があるってご存知ですか?

最初の金利が抑えられている会社もあれば、最初の金利は同じでもその分安い金利という会社も。ほんの少しだからと気にしないのではなく、今後に関わることなのでしっかり比較をして検討しましょう。

新生銀行カードローンレイクの生まれ変わりのサービスとして新しくお得なキャッシング商品の取扱をしているのがレイクALSAです。レイクALSAのキャッシングサービスの特徴やサービスの詳細について解説をしてきます。

・貸付条件

2018年5月21日時点でレイクALSAのキャッシングサービスの利用限度額は最高で500万円、実質年率は4.5%から18.0%とされています。

・無利息期間

レイクALSAの利用が初めての場合には、「金額に関係なく30日間」若しくは「5万円までの借入を180日間」の無利息キャッシングサービスを受けることができます。

・Web完結

スマートフォンやパソコンがあれば来店不要で契約ができるWeb完結での契約ができます。人に知られずに契約したい場合におすすめです。

自動契約機を利用するメリットはその場でカードを受け取れること、誰にも会わずに手続きができることです。契約後すぐにカードを受け取りたいという場合、店頭で手続きをするという方法もありますが、スタッフを目の前にキャッシングの話をするのは緊張してしまうという人もいるでしょう。そんな人でも、自動契約機であれば落ち着いて手続きを進めていくことができます。

自動契約機自体は無人となっていますが、必要な時には設置されている電話を使ってオペレーターと会話をすることができるようになっています。分からないことが出てきた時には、すぐに疑問を解消できるようになっているので、初めてキャッシングの申込みをする場合などは自動契約機の活用を考えておくと良いでしょう。

まず主婦がキャッシングする場合、自分に収入があるかどうかが重要になってきます。正社員ではなくパートなどでもいいので、共働きで働いていて自分に収入がある場合ならプロミスをはじめとする消費者金融からキャッシングすることは十分可能です。パートで収入が少ないから借りれないということはまずないので安心してキャッシングすることができます。

反対に専業主婦で仕事はしていないという方は、消費者金融からだと自分の名前だけで借り入れすることは非常に難しくなります。ですので収入のある旦那の名義で借りることをおすすめします。もし自分の名前だけで借りたいという場合は、銀行ローンなどですと総量規制対象外となるため、専業主婦でも旦那に知られることなくキャッシングすることは可能です。

キャッシングは無担保で行うことができ、用途も自由に使えるという汎用性の高いサービスでもあります。

そのぶん利息については高めに設定されていますが、いつでも借りることができていつでも返済できるという利便性の高さが魅力でもあります。

ただしいくらでもキャッシングか可能なわけではなく、借り入れには限度額が設定されているので注意が必要です。

借り入れ限度額は審査の際に利用者の年収など経済状況を鑑みて判断さることになります。

消費者金融を利用する場合には総量規制なども関わってくることになり、よりシビアに限度額が設定されてしまうので、年収が少ない方がキャッシングを行う際には限度額が低くなってしまうということを覚えておきましょう。