働き方が多様化している近年、大手の消費者金融ではアルバイトも対象とするところがほとんどになってきました。安定した正社員だけがキャッシングをできる時代はもう終わっています。では審査に通るアルバイトの方は、どのような人なのでしょうか。

一番は、安定して収入がある人です。もちろんそれなりの収入がある方が好ましいです。年単位で同じ職場で働いていて、それなりに稼いでいる。そういう方なら、特に信用情報が悪くない限り審査に通る可能性は高くなっていきます。そもそもキャッシングの審査は収入や働き方だけを審査されるのではありません。そのため、アルバイトでも安定して収入を得ている方なら問題はありませんよ。

ただし、会社によってはアルバイトはなるべく通さないという会社もありますので、事前にしっかり口コミをチェックしておきましょう。

アイフルでは女性専用のカードローン商品であるSuLaLiの取り扱いがあります。アイフルSuLaLiのメリットや注意点を確認していきましょう。

SuLaLiのメリットとしてまず挙げられるのが来店不要で最短即日借り入れに対応している点です。SuLaLiはWeb限定の商品なので人目を気にせずカードローンの申し込みができますし、急いでお金を借りたい場合に非常に便利です。またアイフルの利用が初めての場合には30日間無利息で借入もできます。

一方でSuLaLiは使いすぎ防止のために利用限度額が10万円までとされています。まとまったお金を借りたい場合には不向きな商品ですし、実質年率は一律で18.0%(2019年1月10日時点)とやや高めな点にも注意が必要です。

最高金利14%、限度額が最大1000万円というスペックのみずほ銀行カードローン。銀行カードローンの中でも借入条件が良いので利用したいと考えている人も多いでしょう。しかし必ず審査が可決されるわけではないのでしっかり準備しなければいけません。そこでみずほ銀行カードローンの審査基準を挙げていくので参考にしてみて下さい。

みずほ銀行カードローンは雇用形態に関しては特にありませんが、月1回以上の収入を得ている事は最低条件となっています。該当していないと審査が否決となってしまうので申し込みをする前に月1回以上の収入を得ておくようにしておきましょう。また他社からの借入件数が3件未満、勤続期間が3ヶ月以上など細かい条件もあるので注意しましょう。

多重債務者を無くすという目的で、2010年に施行された改正化資金業法。消費者がお金を借り過ぎる事を防ぐための総量規制なのですが、これはお金を借りる際の限度額を年収の3分の1までとする規制となっています。この規制は以前だったら消費者金融に限られ、銀行などのカードローンは適用外だったのですが、自己破産者の増加という問題もあり、現在では銀行も自主規制を行なっています。

要するに消費者金融であっても銀行であっても年収の3分の1までしか借りられなくなってしまった訳です。ただし総量規制には例外があります。貸金業法によりますと、顧客に一方的に有利な借り換えであれば、その総量規制の対象外という扱いになるという事です。

要するにおまとめローンなどは顧客に一方的に有利だと判断されるので、このサービスは銀行のみならず、消費者金融でも利用する事が可能なのです。

消費者金融は基本的に上限金利が18%で設定されている事が多いですが、銀行カードローンは大きく異なっている事も多いですよね。低金利なので申し込んだけどよく確認したら高金利だったというケースも少なくありません。そこで銀行カードローンの金利の設定はどのような特徴があるのか紹介していきましょう。

大手銀行とネット銀行がカードローンのサービスを提供している事が多いです。大手銀行のカードローンは上限金利が14.5%前後で設定されているので消費者金融より低いです。しかしネット銀行のカードローンは12%から13%前後で設定されている事もあります。ネット銀行は無店舗型なので人件費などのコストを削減する事が出来ているのが大きな要因となっています。金利を重視したい場合はネット銀行のカードローンを利用した方がいいかもしれませんね。

急に資金が必要になったときに、即日融資が受けられるとうれしいですね。

確実に即日融資を受けるために、注意点をあげてみました。

・消費者金融を選択すること

銀行カードローンは、若干金利が低いなどのメリットはありますが、現在即日融資には対応できなくなりました。

ですから、消費者金融会社で申し込みをしましょう。

・大手業者を選択すること

即日融資を受けるためには、申し込み締め切り時間がを考慮する必要があります。

大手なら、Web完結・スマホ完結に対応しているところがほとんどですが、時間帯によっては自動契約機まで行く必要が出てきます。

やはり、店舗数や契約機の多い大手業者が安心・便利です。

・本人確認の準備をする

本人確認書類はアップロードで済む場合でも、鮮明な写真であるか気をつけたり、写真付きの証明書がない場合は何が必要なのか確認しておきましょう。

また、在籍確認の電話に確実に出られるようにしておくことが大切です。

銀行系のカードローンは基本的に審査通過率はかなり低いのではないかという風に言われています。

では、審査の通過率はどれくらいなのか?といわれると、通過率に関しては基本的に公開している銀行というのはほぼないといっていいでしょう。

実際にどれくらいか?という予測くらいはできるのだろうか?と思いますが、比較するとなればやはり消費者金融の審査通過率を参考にするのがいいでしょう。

大手消費者金融はおおよそ4割台の推移で審査通過率が設定されています。 ですので半分よりもちょっと少ないくらいの数値で審査通過が決まる計算です。

消費者金融よりも辛めの数字となると、銀行系カードローンはここから数割は低いと考えればいいと思います。